バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

[シェア希望] ボート/車4台可!大型ガレージハウスで実現するマリンリゾートライフ

働きながら人生を楽しむ人のための、「定住する別荘地」
田舎暮らしワークライフバランスが、静なトレンドとなる今・・・
本日は思い出深い、海辺のガレージハウスを紹介させて頂きます。

KenD家売り出し中!

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
琵琶湖移住を果たし、個人的に大きな転機となる2019年。
その年頭の思いに、予想以上に多くの反響を頂き本当に嬉しく思っています。

たくさん頂いたメッセージの中で、「ところで前の家はもう売ったの?」という質問をいくつか頂きました。
ブログにちょこちょこ船の入ったガレージが映っていたりしたからかなと思いますが・・・。
というわけで今回は大変恐縮ながら、現在売り出し中のガレージハウスについてちょっと紹介させて頂きたいと思います。

 

土地176坪!ボート・車4台可のガレージ

さて私が住んでおりましたのは、静岡県浜松市(旧三ヶ日町)にあるガレージハウスでした。
2013年に移住した際、鉄骨造りのガレージを新築いたしまして・・・。
バスボートが2艇入る長大な艇庫の前に、車2台分の屋根がついております。

一般的なガレージは車用が多く、トレーラブルボートが入るような大型の物はなかなかありませんでしたので・・・

(クボタHPより)

農業用倉庫メーカー「カクイチ」さんの”広スペースハウス“(上の写真)をベースに、十分な長さのあるガレージを作って頂きました。

これなら奥行き、高さ、幅ともに十分な余裕があり、ボート2艇+車2台を格納することが出来ます。

(スイングトングブラケットがあれば、フルサイズバスボートでも行けるのではと・・・)

これなら釣行後のボートを、荷物も魚探もそのままの状態でしまっておくことが可能!
ボートカバーをかける必要すらなく、雨天夜間でも作業できるのは本当にノーストレスでした。
艇庫の前に車用の庇があるので、ヒッチを切り離すだけでボートも車も格納完了となります。

それから土地は約176ありますので、お客さんがある時などは多くの車を停めてしてもらうことも出来ます。
通路部分に縦列駐車する分も含めれば、本気で試したことはありませんがたぶん10台くらいまではいけるかと・・・。
トレーラブルボートを引っ張ってくる友人が2人いても、立ち寄ってお茶を飲んでいって頂くことくらいは可能でした(笑)。

ちなみに写真に映っている芝生の広場(これもたぶん150坪以上)も敷地内!?と思われるかもしれませんが、残念ながらこちらは含まれません。
ただし30年以上前からずっと空き地になっているようで、子供たちを走り回らせて遊ばせて頂きました。
実はキャスティング練習も、この広場を活用させて頂いていた次第です。

 

内外装リフォーム済みの2LDK

次に家の方ですが、こちらは元々別荘として建てられた2LDK+ロフトの小型の建物です。
家族4人で住んでおりましたが、子供が大きくなると少し手狭になるのは否めないでしょう。

(建物全体が吹き抜けになっている構造です)

一階は12畳くらいのLDK8畳の和室

床はリフォームで全体を張り替えました。

(リビングとの境に台を置いて、カウンターキッチンとして利用していました)

2階の和室は6畳+αくらいの広さ。窓から浜名湖が望めます

(窓から湖と星が良く見えます)

ロフト

このようにガレージ地下室ロフトデッキ等のスペースがふんだんにあるので、2LDKの割には広く感じられると思います。

(地下室の入り口はシャッター付)

このような感じで収納はこれでもかというくらいありますので、意外と広く使えるのではないでしょうか。

(地下室だけでよほどの物がしまえると思います。。。)

リビングにつながるウッドデッキには屋根をつけましたので、雨の日の洗濯物も安心。
結構広さがあるので子供を遊ばせたり、夏はデッキで食事をしたりしました。

(夜はカブトムシが飛んできますw)

周りが森に囲まれているので、朝、鳥のさえずりを聞きながらのコーヒーはかなり気分が良かったですね・・・。

あとは夏に毎年三ヶ日の花火大会があるのですが、ちょうどよくこのデッキから真正面に見えます。

それから築年は30年以上前と古かったので、購入時に内外装をリフォームしました。
バス・トイレ・キッチン・洗面所といった水回りも一通り新調した次第です。

というわけで家は小さくて古いので、お世辞にも高級住宅とは言えません。
しかしスペースは大量にあるので、趣味の物が大量にある方には向いているのではないでしょうか。
また土地の余裕もありますので、必要に応じて増築していくことも可能だと思います。

 

“東急リゾートタウン”という異空間

あとは立地についてですが、浜名湖の湖畔に位置する東急リゾートタウン浜名湖という住宅地の中にあります。
高度経済成長期に開発された大規模別荘地なのですが、近年は中古で家を買って定住する方が増えています。
山に海にと自然豊かなところにありますので、田舎暮らしが好きな方にはぴったりではないでしょうか。

東急リゾートタウン浜名湖HPより)

それでいて政令指定市である浜松市にありますので、田舎の中ではかなり便利な方だと思います。
インターチェンジがすぐ近くなので、高速を使えば浜松の街中まで20分かかりません
マイカーの所持が必須にはなってしまいますが、浜松だけでなく豊橋方面も十分に通勤圏になっています。

(ちなみに、ローカル鉄道の駅は徒歩10分ちょいくらい)

それから東急リゾートタウンはかなり特殊な場所で、自治会地域行事消防団といったものが一切ありません
全てを管理会社が代行してくれるので、田舎でありながら草刈りやゴミ捨て場の清掃すら全くナシ。
移住者が田舎暮らしを始める際にストレスになりやすい、地域の人間関係が全く無いという田舎の中の異空間なのです。

静岡県観光HPより。タウン内にホテルもあります)

一般に、田舎暮らし最大のハードルはこの「地域社会との付き合いだと言われます。
田舎の人間関係というのは都会の人が想像する以上に大変で、実は実家の付き合いを避けてわざわざ東急リゾートタウン内に家を買う地元の若い人もいるくらい(笑)。
ですから趣味人やセカンドライフを楽しむ方が多く、誰とは書けませんが著名な小説家やスポーツ選手も住んでいるのはここだけのお話です・・・。

(たぶん、ご存知の方が知ったら驚くと思います。。。)

さらには車で1分のタウン内に綺麗なマリーナがありますので、マイボートをすぐに下せるのが個人的になによりの魅力でした。

東急リゾートタウン浜名湖HPより)

浜名湖でのシーバスクロダイ、さらには遠州灘でのオフショアジギング・キャスティングにと、ソルトの釣りなら存分に楽しめると思います。

 

定住する別荘地。働きながら人生を楽しむ人のために

自分で書いておきながらあらためて思うのですが、この街は本当に良かったなぁと今でも思います(苦笑)。
自然が豊かでありながら都市へのアクセスも良く、何より田舎のしがらみがないところというのは全国的にもなかなか無いでしょう。
ワークライフバランスという理念が叫ばれる昨今、まさにそれを実現できる稀有な場所だったと思います。

(冬も明るくて温暖な、海辺の「風と太陽の町」でしたね。。。)

実を言えば今も後ろ髪をひかれる思いで、アメリカへの挑戦が無ければ決してこの家を売る事は無かったでしょう。

思い入れとともに色々手を加えて来た家ですので、ぜひ価値を感じて頂ける方にお譲りしたいと願っています。
もしご興味があれば、具体的な価格等の詳細は下記の不動産屋さんのサイトでご確認ください。
関東の知人からは「ちょっと待て安過ぎないか!?」と言われましたが、田舎の不動産は価格が付きづらい時代ですし、早く売れないと色々な事がスタート出来ないという事情がありまして・・・。
家も古いので、ほぼ土地の値段だけと考えて頂ければと思っています。

(築年数の経った木造住宅は固定資産税の評価額がほとんどゼロになるので、税負担も軽く済みます)

価格等の詳細はコチラ

というわけで地方都市近郊の”小田舎”で、趣味生活を両立させたい方にお勧めのガレージハウスを紹介させて頂きました(笑)。
特に釣りやサーフィンといったマリンスポーツの愛好家であれば、存分に活用して頂けるのではないかと思います。
いつものフォロワーの皆様には、自分の家の宣伝を読んで頂いて大変申し訳ございませんでしたが・・・。
もし可能であれば記事のシェアへのご協力と、興味のありそうなご友人に紹介頂けますと大変うれしく思います<(_ _)>

※ぜひSNS等でのシェア・リツイートにご協力よろしくお願い致します。。。

関連記事

    • TaKa
    • 2019年 1月 06日

    この家を手放すのは相当の覚悟がおありだったのでしょう。
    浜名湖と琵琶湖を週1くらいで取り替えてほしいなぁ。
    海釣りが好きな人なら飛びついてくれるんじゃないかと他人ながら勝手に思ってしまいました。
    売れるといいですね。

    • ありがとうございます、そうなんです実は今でも後ろ髪をひかれる思いでして・・・(;^ω^)
      浜名湖と琵琶湖の取り換え案最高ですね(笑)!
      売れてくれないと色々なことが始まらないので、ぜひ気に入って下さる方の手にお譲りしたいと思っています。

    • oka
    • 2019年 1月 10日

    いつも楽しく拝見しております。
    kenDさんのブログを見てから浜名湖の釣りやhotの大会にも興味があるのですがボートスロープがわからずエントリー出来ずにいます…(^^;
    ネット検索で出てくるカナルさん以外にもビジターのトレーラーボートを受け入れてくれる場所は浜名湖に何ヵ所かあるのでしょうか?
    すみません、琵琶湖移住を決められて思わずコメントをしてしまいましたm(__)m

    • いつもありがとうございます!
      スロープは東急リゾートタウン内のマリーナにあるのですが、ちょっと住人でないと厳しく・・・。
      他には寸座マリーナ(https://sunza.jp/)では受け入れ可能と聞いております。
      実際に自分が下ろしているわけではないので直接マリーナにご確認いただけますと幸いです< (_ _)>

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ