バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

[D] さらばアワセ切れ!強いノットのコツは、結局「シ―ティング」にあった

最も強いノットは何か?
誰もが気になるこのテーマですが、大切なのはノットの種類では無い!?
安定して強度を出すための、「結び方」のキモをシェアします。

スポンサーリンク

強いノット

皆さんこんにちは、KenDです。
「強いノット」は何なのか?
誰もが気になるこのテーマですが、私は「ハングマンズノット」に落ち着いています。

しかし前回参加したヒロ内藤氏のセミナーで、驚きの事実を知る事となりました。
ノットの種類云々の前に、まずは「結び方」が重要だというのです。

IMG_20160614_204046

 

安定して強いノットを作るコツ

ラインを結ぶ時に気を付ける事と言えば、結び目を濡らすといった事位しか思いつきませんでした。
しかしヒロ内藤氏が語るには、安定してノットの強度を出すコツは「シ―ティング」にあるのだそうです。

スポンサーリンク

シーティングとは何か?というと、ノットを完成させた後、弱い力を長い時間かけ続けて、結び目を完全に締め込む作業の事を言うのだそうです。
具体的な手順としては、ノットを結んだあとに何と30秒間(!)中程度の力で結び目を引っ張り続けるとの事。
これを行う事で、結び目が均一に締まって安定した強度が出せるのだそうです。

heddon000(OFT HPより)

実際にやってみると、30秒と言うのは本当に長くてすごくじれったくなります(苦笑)。
しかし、ヒロ内藤氏が何度も何度も強度測定機にかけて実験した結果、最もコンスタントに強いノットを作る事が出来たのはこの「シーティング」をしっかり行った時だったそうです。

と言うわけでアワセ切れなどに悩んでいる方は、ぜひ試してみて頂ければと思います。
(ちなみに、ヒロ内藤氏はパロマーノットを推奨されていました。)

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ