バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

ところで普通のミドストって、こんな感じのセッティングで良いのでしょうか…#リューギ #ryugi #ヴェスパ #3 #フィッシュアロー #fisharrow #フラッシュJ #3インチ #薄刺しセッティング

– from my Instagram
ところで普通のミドストって、こんな感じのセッティングで良いのでしょうか…#リューギ #ryugi #ヴェスパ #3 #フィッシュアロー #fisharrow #フラッシュJ #3インチ #薄刺しセッティング
ところで普通のミドストって、こんな感じのセッティングで良いのでしょうか…#リューギ #ryugi #ヴェスパ #3 #フィッシュアロー #fisharrow #フラッシュJ #3インチ #薄刺しセッティング

関連記事

    • としとし
    • 2019年 9月 04日

    僕の場合は薄差しせず普通に中央から差します。
    薄差しだとフッキングは良いでしょうが、単純に身切れが多そうなので。またワームの材質が柔らかいものなら身切れ防止にワッキー用の火で炙ると縮む伸縮チューブを使って身切れを保護しています。オススメはフロントラインプロダクトのフレギュラーです。テロテロに柔らかくて非常に艶かしいアクションが大好きでJHはこればっかり使ってますが、柔らかいが故に身切れが多く、チューブを使った保護を最近思いつきました。また現在も生産しているのか分かりませんが、すっかり見かけなくなり困ってます(笑)

    • アドバイスありがとうございます!
      フレギュラー初めて聞きました。探してみます(^^♪

    • スキーターおっさん
    • 2019年 9月 06日

    普通かどうかは別として、フラッシュJは私も好きでフラッシングを出したいフラッシングミドストの場合、私もほぼ同じセッティングです。
    私はキーパー部にもシンカーが巻いてあるジグヘッドを使ってますが。
    ただ、身切れは覚悟しておいて下さい 笑。
    ご存知の通りミドストも人によりロッド立てる、寝かす、ラインスラック多め、少な目、ヘッド軽め、重め、千差万別。
    現場の状況によっても当然変わりますが、まずはご自身の信用出来るやり方を見つけていただくのがいいんじゃないでしょうか。
    最近もコレで琵琶湖で爆りましたよ。

    • アドバイスありがとうございます!
      確かにミドストは人によって色々やり方が違うので、自分に合った方法を早く確立したいです(^^♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ