バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

●出ました!8kg!!

スポンサーリンク

Fdsa

遠州灘ならブリって呼んでもいいですか(笑)?

4~6kgのワラサは3本。

Img_9445

全体的にベイトが薄く厳しい状態だったのですが、ある一箇所の漁礁のみ、魚探が壊れたかと思うほどのベイトの絨毯!
しかし、だからと言ってイージーに釣れるわけではありませんでした。

最初にヒットした1匹にヒントを得て、もしかして・・・と試してみたら、怒涛の7連発!
面白いほど大型青物がアタる・・・って、たぶん人生で初めてでした(苦笑)。
やっぱりオフショアのジギングでも、基本は「流れとベイト」なのでしょうか・・・。

しかし持ち前の下手さ加減で、しっかりと1バラシ2ラインブレイク(泣)。
メインジグのバックドロップ100gとスローブラットR100gを持っていかれたため、仕方なくアストロ100g(赤金)へ変更・・・するも、関係なくガンガン釣れました。

20141029_133418

(このアストロ、アズーロというフィッシングマックスのプライベートブランド?の激安ジグで、根魚攻略用に買っておいたのですが意外に優秀なのかもw)

スポンサーリンク

ルアーの違い云々よりも、アプローチがまず重要だという事なのでしょうかね。

●ラインの疲労

ちなみにラインブレイクは全てリーダー部分だったのですが、使っていたのはFCスナイパーの30lb。

20141029_133336_2

青物相手じゃ細過ぎでしょ?と突っ込まれそうですが、以前ブリを揚げた経験があったため、しっかりドラグを出せば大丈夫でしょ、と思っていました。

実際、今回も1匹目はキャッチ出来ました。
でもそのまま2匹目を掛けると・・・見事に切れました。
これを2回繰り返して、やっと気づいたのです。
「あ、これラインの疲労だ・・・」と。

1回づつ結び替えるようにすると切れる事は無かったのですが、青物のタイミングって大抵一瞬なんですよね。
FCスナイパー30lbは安くて良かったのですが・・・チャンスタイムに効率よく獲る事を考えると、もっと余裕のあるリーダーシステムが必要だなと感じました。

とりあえずキャスティング用に買ってあるナイロン40lbにする予定ですが、ジギングだとラインに伸びて欲しくないので、本当はフロロが欲しいところ。

20140816_212346_2

何かお勧めの銘柄、ありませんかね?

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2014年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ