バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

[悲報] 明らかになったタトゥーラSV TWの現実

タフ系バーサタイルベイトの期待が高まる、”タトゥーラSV TW
しかしそのサイドプレートは、何と両側ともに樹脂製!?
巻きジャンキーへの悲報をお届けいたします・・・。

スポンサーリンク

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

17タトゥーラSV TW・続報

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
2017新作ベイトリールの中で、個人的に最も期待を寄せていたのが「17タトゥーラSV TW」でした。

(ダイワHPより)

アルミボディ + ブラスギアで構成されたタフなタトゥーラに、中~軽量ルアーに対応するSVスプールが加われば鬼に金棒。
名機「アンタレスAR」のような、ヘビーデューティ・バーサタイルリールになるのではと期待していたのです。

※正確に言うと「スプールを支持している部分が全てメタル」で、ボディ最外側は樹脂との事。
12エクスセンス炎月等と同じ構成のようで、「実質フルメタル」とでも呼べば良いでしょうかね・・・???
(アドバイスありがとうございました!)

 

両樹脂サイドプレート!?

というわけでワクワクしていたタトゥーラSV TWなのですが、なんと横浜フィッシングショーの現場から悲報が・・・。
会場で質問して下さったKakedzukaさんから、何と「両サイドプレートが樹脂製」との情報が届いたのです。
(A・B側ともに・・・つまりギアボックス側もハンドル側も樹脂との事。フレームのみがアルミ製)

Kakedzuka.comのレポートはコチラ

確かにカタログ重量を見てみると、200gとなりタトゥーラCT TYPE-Rより少し軽量。
これでは確かに、金属製を期待するのは無理かもしれません。
と言うわけで、私の(勝手な)期待は思い切り空振りに終わってしまいました・・・。

しかしだから悪いと言うわけでは無く、逆に軽さを求めるアングラーには良いチョイスなのだと思います。
タフ系バーサタイルベイト」を想像していた私にとっては、個人的に欲しいリールでは無かったという事です。
(しかしタフが売りの「タトゥーラ」シリーズなのですから、ヘビーデューティー方向に振っても良かったのではと言う気はしますが・・・)

スポンサーリンク

(シマノHPより。ライバルは16スコーピオン70かな?)

 

そんなわけで、主役の出揃った2017NEWリール。
しかし今探している、高剛性の巻き物用ベイトを見つける事は出来ませんでした。
ですので以前から検討していた、あるリールをいよいよ買う事にしようかと思います・・・。

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ