バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] “低弾道キャスト”はなぜバイトが増えるのか

全く同じポイントなのに、なぜか釣果が全然違う!
そんな格差の正体は、実は“キャスト”の質にあった?
低弾道キャストで、バイトが増える理由を考えます。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

低弾道キャストは良く釣れる

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
最近は琵琶湖だけでなく、リザーバーや川での釣行が増えておりますが・・・。
そんな中で強く感じたのが、低弾道キャスト」の重要性でした。

ビッグレイクがベースの私は、オーバーヘッドでの遠投がキャストの基本になっています。
しかしリザーバーのバンクビーティングなどでは、低弾道のサイドキャストの方が圧倒的にバイトが得られる事に・・・。
と言うわけで今回は、低弾道キャストのメリットを整理してみたいと思います。

 

“アキュラシー”が勝負を決する

さてリザーバーや川などのフィールドでは、岸際のカバーなどバンク撃ちをする機会が多いと思います。
その時決定的に重要なのが、「キャストの正確性
カバー際のシェードの中に落として、飛び出た枝に一本絡めながら引いてくる・・・といったアプローチが出来るか否かで、バイト数に天と地の差が出るのを痛感させられました。

そしてアキュラシーが求められる場合、低弾道キャストは圧倒的に有利ではないかと思います。
なぜかというと、距離の調整」が目で見て非常にやりやすいから。
わざと飛ばし過ぎくらいに投げておき、あとはルアーを目視しながらサミングで距離を殺すのが簡単にできると思うのです。

(オーバーヘッドだと、ルアーを見失いやすい上に距離感を掴みにくい気がします・・・)

ちなみに上のリンク記事でも書きましたが、低弾道にするには初速の速い、鋭いキャストが必要になると思います。
このような強く鋭いサイドキャストには、「風に強い」というメリットもあります。
余分なラインが出ないので空気抵抗が少なく、また球速が速いのでルアー本体も風の影響を受けにくくなります。
風が強ければ強いほど、オーバーヘッドとの正確性の差が出るように感じます。

(もちろんオーバーハングの下に入れるなんてシチュエーションでは必須ですよね)

 

“手数”と”音”のコントロール

それからこれも見逃せない要素だと思うのが、キャスト数が増えるというメリット。
低弾道キャストは速い上に弾道距離が短いので、結果として1キャストにかかる滞空時間を少なく出来ると思います。
つまりその分、一日で見れば結構なキャスト数の向上に繋がるのではないでしょうか。

(そしてキャスト数が増えれば、バイト率も上がるかと・・・)

そして最後にもう1つ気にしたいのが、着水音をコントロールできる」というポイントです。
岸際のバスがいそうな場所で、あまりボチャンと大きな音を立てるのは良くない場合が多いでしょう。
もちろん逆もあるでしょうが、いずれにせよ音を立てる事も抑える事も出来るという点で、アプローチの自由度が飛躍的に増すのではないかと思います。

というわけで正確に“、”手返しよく“、”静かにプレゼンテーションできる低弾道キャスト。
こうしたキャストの上手い下手で、釣果が全然変わってしまう状況も少なくないでしょう。
私自身まだまだ下手ではありますが、道具の力も借りながら練習を重ねていきたいと思っています。

(そしてやはり、レスポンスの良いスプールは投げやすさが劇的に違うと感じます)

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

    • ベノワ
    • 2018年 4月 06日

    強く投げて飛距離はサミングで調整するは目から鱗でした!真似したいと思いますw

    私はKindさんの影響でワイルドサイド(番手は66ML、クランクベイトとジャークベイトに使う予定ですw)を買い、その後メタニウムMGLを購入しました。
    まだまだキャストは練習しなきゃですが強く投げてサミングでの飛距離調整は頭に置いて練習しようと思います。

    • WSC66MLに、メタMGLは非常にお勧めな組み合わせです(^^♪
      アシ際にジャストミートとかって結構難しいと思うので、「飛び過ぎくらいに投げておいて、距離を調整する」はぜひやってみて下さい!
      ベイトの良さを実感できると思います!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ