アメリカBASSトーナメント参戦を目指すアマチュアバサー、KenD(けんでぃ)の奮戦記をお送りします。。。

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

CATEGORY◆コツと考察集(STUDIes)

デイシーバスの基本は”早巻き”

先日のシーバス・クランキングの投稿に対し、「早巻きで釣るんですか!?」と質問を頂いたのですが・・・。 少なくともデイゲームにおいては、早巻きが基本になると思います。 と言うかこの質問自体、普段ナイトゲームオンリーでデッドスローリトリーブをしているからこそ出てくる質問かと。 一般的に視界の効きにくい夜はスロー、見切られやすい昼は速めが基本になると思います。 ベイトを追うフィッシュイーターの泳ぎって、本気になればものすごく速いですよ!

シーバス・クランキングの有効性

今回のシーバスは、ほとんどの魚をディープクランキングでキャッチ。 (DEEP-X300 & マッドペッパーマグナム) クランクでシーバスを釣る人は少ないと思うのですが、状況によっては劇的に効く事があります。 その理由は・・・

:[R] プラグは“止める“べからず!?

多くのフィールドで、バスフィッシングがハイシーズンを迎える6月。 トップやジャークベイトが面白い時期ですが、コツはルアーを”止めない”こと!? アメリカで学んできた、プラッギングで釣るキモをお話します。。。

:[R] なぜアメリカのプロはスピナーベイトにトレーラーを付けるのか

米国トーナメントでのウイニングルアーを見ていると、1つの事実に気が付きます。 それは多くのプロが、スピナーベイトにトレーラーをセットしている…ということ。 今回はアメリカで実感した、その理由についてお話ししてみたいと思います。

:[R] ライブシューティングやめました -今シーズン成績が上がった理由-

初の賞金獲得を含め、チャンピオンシップの参戦権も得られた’24シーズン前半戦。 大苦戦した昨シーズンから、成績が上向いた理由は何だったのか? 試合での結果につながった、大切な3つの要素をお話します・・・。

:[D] “クラッチ・ファイト”の利点と注意点

先日、少しSNSで話題になった”クラッチ・ファイト”。 ベイトで魚とやり取りする最中、ドラグを使わず(フルロック)クラッチを切ってラインを出す方法ですが・・・。 このファイト方法には、下記に挙げるいくつかのメリットがあると考えています。

トップウォーターでしか釣れない魚

今年アメリカを周って再認識したのは、確かに「トップウォーターでしか釣れない」魚は結構多いということ。 クランク巻いても、センコー撃っても、ネコリグシェイクしても全然反応してくれない群れでも・・・。 トップを投げた途端、ボッコボコに喰ってくる事を何度も経験しました。 「水面で釣れたら楽しいよね(なかなか釣れないけど)」っていう認識の方は少なくないと思いますが、シリアスに”釣るための武器”として、トップウォーターは非常に有効な手段だと思います。。。

:[R] スピーディなスローダウン・ゲーム

バックシーターが優勝した一方、自分はキッカーを入れられなかったオザーク戦。 同じ場所を釣りながら、大差がついたのはなぜなのか? “Cover the water”を実践する、古くて新しいテクニックを再考します。。。

さらに記事を表示する

スポンサーリンク

Translate:

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ