バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[事件発生] 恐怖のガソリンスタンド

セルフでは認められない、ボートや携行缶の給油。
少し高くても、店員さんに任せれば安心???
想像をはるかに絶する、信じられない事件発生です!!

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

事件発生!!

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて先日、信じられない事件が発生いたしまして・・・。
ガソリンスタンドで、ボートに思いっきりガソリンをブチまけられてしまったのです(泣)。

店員さんが何を勘違いしたか、ロッドホルダーにノズルを挿入!!
そのまま景気よくガソリンを注入し、船が油まみれになってしまったというわけです。。。

(ココに思いっきり入れられました・・・orz)

中に入れていたライジャケ等、すべてがガソリン漬けの状態(´;ω;`)
一生懸命干したりしてみてはいますが、この匂い果たして取れるのでしょうか???
それ以前に自動膨張のボンベは大丈夫なのか等々、不安は尽きません。とほほ・・・。

 

消防法への疑問

ところでガソリン携行缶ボートへの給油は、店員さんしかできないと消防法で決まっているのだそうです。
ですからいつも、セルフじゃないガソリンスタンドを探しているわけですが・・・。
正直私、この法律には疑問というか反対です。

ガソリンの取り扱いに一定の危険が伴うのは分かりますが、じゃあガソリンスタンドの店員さんなら安全か?と言えばとてもそうとは思えません
なぜなら全員が有資格者のプロというわけではなく、今回もそうでしたが多くの店員さんは素人のアルバイトです。
ボートに給油した経験の無い人の方が多いわけで、それくらいだったら手慣れたボートオーナーの方がまだ安全だと思うのです。

(ココに入れるのが正解。分かって下さいよ・・・)

というわけで、今回は早く消防法を改正して頂けないものかなぁ・・・というグチでした(苦笑)。
とはいえすぐに変わることはあり得ないので、これからはとにかく最初から最後まで給油に付き添うように心がけようと思います。
世の中は時に想像を絶することが起こるようですので、皆様もどうぞお気を付けください・・・。

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. 確か、ガソリンスタンドには有資格者がいれば良いだけで入れている人はほとんど素人ですね。
    自分は、ガソリン携行缶にガソリンをパンパン入れられて温度変化で吹きこぼれそうになりました。
    (高温で膨張するので満タンに入れてはダメ)
    確かに素人店員に入れられるくらいなら自分で入れた方がマシ。

    ちなみに自分は危険物乙4資格者です。

    • ほんとその通りですよね・・・(;´Д`)。
      せめてユーザー側がかにぬーさんのように有資格者であれば、自分で給油可とかにして頂きたいです!

    • 774
    • 2018年 9月 20日

    ボートにガソリン入れるなんて事まずない人にガソリン入れるとこはココが正解なので
    分かってって言うのは物凄く可哀想だし流石に今回の記事は賛同出来ない

    • 確かにまず無い機会なのでしょうね・・・(;´Д`)

    • しがない釣り人
    • 2018年 9月 20日

    間違えてこんな事態を引き起こすくらいなら素直に分からないんで教えてください!って一声掛けて欲しいですよね…

    何事にも通じる事だけど、スタンドは危険物を扱ってるんだし仮にアルバイトだとしてもその辺の意識はしっかりしてくれないと……

    • 本当その通りで、分からないんでしたら一言聞いてほしかったです。。。orz
      世の中は、何が起こるか分かりませんね(苦笑)。

    • 通りすがり
    • 2018年 9月 20日

    これは、ライジャケとかだめにされた分の補償してもらわないといけないのでは?

    • ありがとうございます、ただいま交渉しております(;^ω^)

    • FR-26
    • 2018年 9月 21日

    他の方のコメントにもあったように分からないなら聞けば良かったのにとは思います。画像では60馬力の船外機を使用されているとお見受けしました、2機掛けではないですよね?だとすれば、そんなに大きなガソリンタンクではないハズなので、店員さんには携行缶に給油してもらって、後ほど自分で携行缶からご自身のボートに給油されたほうが、今回ような残念な事故は防げるのではないかと思います。
    しかし、ロッドホルダーに給油されてしまったのは、なんとも災難でしたね。

    • はい、もう今後は基本的に携行缶給油にしてもらって、ボートには自分で入れようと決意しました(苦笑)。
      人生どんな災難が降りかかるか分かりませんね・・・(;´Д`)

    • 774
    • 2018年 9月 21日

    分からないなら聞けば良かったのにって意見ありますしKenDさんも分からなかったら
    聞いて欲しかったと言ってますが
    店員的にはロッドホルダーの部分が給油口だと認識したんだろうから分からなかったんじゃなく
    給油口だと思ったところが給油口じゃなかったってだけだと思いますが・・・

    まぁボートなんかに給油する機会がまずない普通のガソリンスタンドでストレージ開けたとこに
    給油口があるようなボートで給油前にここに入れてねとストレージ開けて指示しないKenDさんの
    完全なミスだと思いますね

    自分が分かってる事は他の人も分かってると思って行動したら痛い目にあう典型的なやつですね

      • しがない釣り人しが
      • 2018年 9月 22日

      上に聞けばいいのに〜のくだりを書いたものですけど、今回は幸い(とは言えないけど…)重大事故に繋がらなかったから良かったものの、下手したら火災、酷ければ爆発で死傷者が出るかもしれないわけですよ。

      ガソリンってそう言う危険なものだし、仮に小遣い稼ぎのためのアルバイトなのだとしてもそんな危険なものを扱うのに、よく分からないものをだろう判断してしまうのはそのスタッフ、ひいてはきちんと指導していない店側の落ち度でしょう。

      そもそも車ですらあれだけ堅牢にガードしてある給油口が素手で簡単に取れるようなカバーひとつで閉めてあるわけがない、とノズルを入れる前に気付くべきでは?

      • そうなんですよ~、ガソリンタンクの蓋がただのゴムなわけない、という事くらいには気付いてほしかったです(;^ω^)
        しかも一応、給油口のあるハッチをわざわざ開けておいたのですけどね。。。orz
        ともあれ世の中信じられないことが起こると身を持って勉強させられましたので、これ以降はもう自分で携行缶給油か、最初から最後まで見張っていようと思います(笑)。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ