バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[訃報] 本山博之プロのご冥福をお祈りいたします

本山博之プロがお亡くなりになられたとの事です。
様々な分野の最前線で、日本のフィッシングシーンの礎を築かれてきた本山プロ。
今あらためて、その偉業と功績を振り返ります。

※タイトル画像はsite Bより。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

本山博之プロ、急逝

皆さまこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
本日は悲しいお知らせが一つあります。
日本バスフィッシング界のレジェンドの一人である本山博之プロが、2018年10月28日にお亡くなりになられたそうです。

本山プロと言えば、WBSで4度のタイトルに輝いた霞の帝王として知られます。
バサーオールスタークラシックでも、最多の3勝を挙げたことであまりにも有名かと思いますが・・・。
奇しくもオールスターの開催されていたその日に、急逝されたとの事です。

(site Bより。バサクラ通算3勝タイ記録保持者は、他に田辺プロ、河辺プロ、赤羽プロの3名かと)

Basser Allstar Classic 30年の歴史を紹介

その後はバストーナメントの場を離れ、東北で渓流トラウトやワカサギなどを含めたマルチプロアングラーに転身されます。
このあたりについて私自身は詳しくないのですが、渓流ベイトフィネスなど幾多のムーブメントを起こされたとの事・・・。
釣りの土俵を変えても、その豊かな発想力で次々と新たな地平を切り開かれていたのだそうです。

(私もいつかは、渓流やってみたいと思わせられました・・・)

私自身は本山プロと直接の親交があったわけではなく、学生時代に桧原湖でガイド中(?)の姿をお見かけしたのが最初。
その後2015年に東京で開かれた”テン・スリー”という交流イベントで、初めてご挨拶させて頂いたのでした。
とはいえ緊張し過ぎて「ああああの・・・よろしくお願いしま〇△×」みたいな典型的ダメダメ応対しかできず・・・。
訊いてみたいことが山ほどあったのにと、今になって悔しさがこみ上げてきます。

輝かしい戦歴と、独創的なルアーの数々で常に最前線を走り続けて来られた本山プロ。
お元気そうに活躍される姿に、まだこの突然の訃報を信じられない気持ちでいっぱいです。
現代のフィッシングシーンの礎を築いてこられた氏の功績を、最後にシェアさせて頂きたいと思います。

本山プロのブログより。私自身も知らなかったことが多く、その貢献度の大きさにあらためて頭が下がります)

※貴重なお話がタイムラインのかなたに消え去ってしまわないよう、ここにまとめさせて頂きました。
引用させて頂いたSugawaraさんありがとうございました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ