アメリカBASSトーナメント参戦を目指すアマチュアバサー、KenD(けんでぃ)の奮戦記をお送りします。。。

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[長期レポート] AVAILシャロースプールの耐久性

大幅なレスポンスの向上を実現する、バンタム用Avail浅溝スプール
軽量ルアーも快適な一方、耐久性には一抹の不安も?
長期テストで明らかになった、真の実力をシェアします。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

アベイル浅溝スプールの耐久性テスト

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて私、ベイトリールはAVAIL製マイクロキャストスプール18BTM36RIを組み合わせた“バンタムMGL”を愛用しておりまして・・・。
ちょっとしたベイトフィネスからビッグベイトまで、ほぼ全てをこれでこなしている次第です。

そんな超お気に入りリールの唯一の心配は、長期間使用した際の耐久性でした。
特にPEラインを巻いていることもあり、フッキングの負荷がダイレクトにスプールを直撃することに・・・。
軽量な浅溝スプールでガチのジグ撃ちをしたりして、本当に大丈夫なのかと不安だったのです。

しかし一年以上使用して、スプールが歪んだりシャフトが曲がったりした個体は1つもありませんでした
PE4号を巻いたフロッグ用リールですら無事で、この結果には私自身ちょっと驚いたくらいです。

(当然ながら、結構過酷な使い方してます)

それはなぜかと考えてみると、「この手のスプールとしては少し重い」事に理由があるかもしれません。
浅溝なのですがブランキング(穴開け)加工は無く、またシャフトも剛性重視のステンレス製
実は純正と比べてもあまり軽くなっていないあたり、フィネス用途というよりはラインキャパのみ減らしたバーサタイルスプールと考えた方が良いのかもしれません。

(とはいえ糸の量が減るだけで、純正とは別物のスプールレスポンスになりますが・・・)

というわけで大量導入した18バンタムMGL用シャロースプールですが、現時点ではもう何の不満もありません。
あとはこのまま10年、長く安定して使っていきたいと思っています。
バンタムは(たぶん)モデルライフも長いはずなので、パワー・フィッシャーマンたちの頼れる相棒となってくれる事でしょう。

(朝溝はPEが下糸に食い込みにくいので、ソルトでの使用にも向いているかと。。。)

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. :[最初に] DeeeP STREAMについて

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ