アメリカBASSトーナメント参戦を目指すアマチュアバサー、KenD(けんでぃ)の奮戦記をお送りします。。。

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] 魚探の画面を割らないために

一台で何十万もする、最新のハイテクGPS魚探。
しかしシンカーの一撃で、画面がオシャカになることも!?
悲劇を未然に防ぐための、ガラスフィルムをお勧めします。。。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

魚探の画面保護フィルム

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
超・高価なハイテク魚探を積むのが、もはやスタンダードになってきた昨今ですが・・・。
シンカーを当てたりして画面を割った日には、それこそ泣くに泣けません。

precision sonar)

というわけで画面を保護するために、アメリカでは様々な商品が売られていました。
メジャーなのはGRAPH GLASS(グラフグラス)で、ガラスフィルムが機種ごとにジャストフィットするようカットされています。
反射防止のアンチグレアモデルもあり、使い勝手は非常に良かったです。

(ロランス・ハミン・ガーミン用各種あります↓)

グラフグラスのラインナップはこちら

ただしなかなか良いお値段な上、日本では手に入りにくいのが悩みどころ。
そこで代替策として、似たサイズのタブレット用ガラスフィルムを流用するのもアリでしょう。
残念ながらジャストフィットは期待できませんが、表示部がカバーされていれば実用上は問題ないと思います。

(これは確かipad用。ガラスフィルムを上手くカットできる方法があれば良いのですが・・・)

ちなみに画面のサイズに合わせるために、非ガラス製のフィルムをカットして使ってみたこともあります。
しかし屋外での使用が想定されていないためか?、すぐに表面がボロボロと剥がれてきてしまいました。
風雨にさらされ続けた時の耐久性を考えると、やはりガラスフィルムが向いているように思います。

(見にくくて申し訳ないですが、表面がシミ状に剥がれています)

というわけで少々面倒かもしれませんが、やらかす前に貼っておくことを強くお勧めします。
ちなみに下の画像はシンカーを当てて2か所割れてしまっていますが、魚探本体の画面は無事でした。
フリップやショートキャストを多用する方は、特に気をつけるべきだと思います。

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. :[最初に] DeeeP STREAMについて

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2022年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ