バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

 中潮
干潮(時間)潮位(cm)
1:15(27) / 13:24(49)
満潮(時間)潮位(cm)
7:21(127) / 19:10(128)

スポンサーリンク

前回までに発見していた、クロダイが目視できるポイントをランガンしてみました。
まずは表浜名湖の水路内の杭に付く魚をの目の前に、サイトで小型のミノーを通してみます。
・・・喰わず。というかルアーに驚いて逃げてしまう始末。

次は新場航路のハードボトムのシャローへ。
ワインドやプレデターのボトムノックを試すもノーバイト。

続いて奥浜名湖の各ロックエリアへ。
今日も魚影は確認できるものの、色々やってもなかなか喰いません。
1/8ozスモラバ+サンドワームを岩の際に落として、やっと一匹掛けるもバラシ(泣)。
やっぱりグラスロッド+PEじゃダメか・・・。

しかしバラシ対策以前に、バイト自体が少なく撃沈でした。
居る場所の分かっているクロダイ、安定してよ釣れればリミットが揃えられるかも・・・と考え、フィネスな釣りなど色々取り組んでみましたが、結局プラグでランガンして拾った方が早いような感じでした。

スポンサーリンク

奥浜名湖でデカいシーバス釣っている方もいるようですが、自分には見つけられず終いです。
ベイトの多いエリア(女河浦沖、舘山寺沖)は大体分かってきたのですが、スピンテール沈めても釣れなかったしなぁ・・・。

あと、濁りは奥浜名湖内でも各エリアバラバラで、水質も極端に違っていました。
佐久米沖あたりは凄い濁りで、釣れる気になりませんでした・・・。

こうして釣り的には不本意でしたが、この後嬉しいサプライズが。
帰着後、なんとマリーナで某有名アングラーとバッタリ会う事が出来、色々質問させてもらいました。

・ナイロン8lbとフロロ6lbだったらナイロンの方が飛距離が出る
・ナイロンとフロロではバラシにくさに大差はない
・ナイロンとフロロでは潜行深度に大差はない
・PEだとルアーが動きにくくなる
・ソルト用のルアーは飛ばすため?にシンキングが多いようだが、フローティングの方が動きが良い

等々、非常に貴重な意見が聞けました。
自分の勝手な先入観で思い込んでいた事が色々ありましたが、やはり上手な人に意見を聞けるのはありがたいですね。

さてさて本番、どうなることやら・・・。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2013年9月
« 7月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ