バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

巻き物用ベイトリール・ロングハンドル体験記

以前、ABUのビッグシューターコンパクトでヘビースピナーベイトを巻いた時、その巻き心地が軽くて衝撃を受けたことがありました。

スポンサーリンク

ラインを少なめ(フロロ20lb-50m)に巻いていた為、実際のハンドル一回転の巻上量が65cm程度になっていた(カタログ上の最大巻上量は83cm)、という要素は確かにありました。
しかし、同等の巻上量であるはずの05メタニウムXTより、明らかにトルク感があって軽快・・・。

シマノ好き、メタXT好きの自分にとっては衝撃でした。

で、なぜなのか考えてみて気付いたのは、ハンドルの長さの差。
シマノ純正ハンドルの長さが42mm(×2で計算するので、84mm)程度に対し、何とビッグシューターコンパクトは95mm。圧倒的な差です。

それ以来、社外品のロングハンドルの効果をシマノリールで試してみたいと考えていたのですが、先日ついにその機会がありました。
試したのは100mmのロングハンドルでマッドペッパーを巻いてみたのですが、鈍い自分でも1投目で気付くほど劇的に違いました。

スポンサーリンク

リールを巻く左手よりも、むしろロッドを保持する右手の疲れの方が気になるくらいです。
これで1日ディープクランクを巻き続けるとなると、かなり大きな差になりそう・・・。

現在巻き物用に使っている12カルカッタ201はドラグが特殊なため、対応するロングハンドルはDRESSのリボルバーSXくらいしか無いようです。
問題は、値段かなぁ・・・。

Rev_sx100_01

Rev_sx100_02
スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 3月 03日

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ