バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

トレーラーの車検や船の整備など、オフシーズン作業でしばらく釣りはお休み中。
しかしシーズン開幕までに、是非やっておきたかったメニューがあります。
それは・・・地形調査。

スポンサーリンク

特に、浜名湖に存在すると噂される幻の・・・(ってことはないですがw)浚渫について、とても気になっていました。
というわけで久しぶりの湖上へ船を走らせ、得られた情報から推測される辺りで魚探を掛けてみると・・・あっさり見つかりました(爆)。
たぶんこれ、自分が知らなかっただけで多くの人は気付いてますね(苦笑)。
ちょっとだけ釣りをしてみましたが、季節も季節だけに反応は得られませんでした。
釣れないだけじゃなくて魚探の反応も薄く、越冬場になっているというわけでも無いのかな?
水深はまずまずありましたけど・・・。
その後、ちょっと本気で各所をランガンしてみますが、水が超クリアで釣れる気がしません。
表浜名湖は水温11.5℃もあったせいか、逃げていくクロダイの影がちらほら。
で、浅場のX-80BEATで30後半くらいのクロダイGET。
Fda

スポンサーリンク

後でお腹を開けたら、海苔みたいな海藻がたくさん出てきました・・・。
(あと、卵もあったのですが産卵ってこんな早い時期でしたっけ???6月とかだったような・・・)
しかし残念ながらシーバスは姿さえ見かける事が出来ませんでした。
その後、中浜名湖のフラットをワインドでチェックしましたが無反応。
でもウィードはまずまずありました。
去年沈黙したボトムワインド、今年は復活するかな?
最後は奥浜名湖のディープをチェックしましたが、いませんね~、魚。
年末辺りまでは(釣れなくても)魚探映像は豪華だったのですが、見事にもぬけの空という感じでした。
まあ、そんなに広くチェックしたわけでは無いのでいるところにはいるのかもしれませんが・・・。
ちなみに奥浜名湖の水温は7~8℃くらいでした。
(これって、たぶん最低水温期から折り返してますよね?)
「水温低下→ディープ」みたいなセオリーがあるように思うのですが、それって水温が表層から下がっていく晩秋~初冬の話であって、逆に今くらいだともう、ボトムの方に冷たい水が溜まっちゃっているのかな?なんて思ったり。(確か4℃の水が一番重いはず)
ともかく今シーズン開幕までに、試してみたいことの山を少しでも低くしたいものです・・・。
尚、極寒の湖上で釣れない調査に付き合って下さる方がいれば、大歓迎致します(爆)。
※ところで、根ズレに一番強いナイロンを探しています。とりあえずGT-Rウルトラを試してみる予定なのですが、お勧めのある方は是非教えてください・・・。
スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2014年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

アーカイブ