バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

「秋の荒食い」の嘘とプリスポーン

一昔前の本には必ず書かれている、「秋の荒食い」。
むしろ厳しい釣果の多い季節・・・それは実在するのでしょうか?
秋に爆釣する「シーバス」から、そのメカニズムを解き明かします。

スポンサーリンク

 

●「秋の荒食い」は本当か?

一昔前のバスフィッシング本を読むと、大体このような事が書いてあると思います。

「秋は、最もバスが釣りやすい時期。越冬に備えて体力を蓄えるため、ベイトを活発に追い回して荒食いします」

しかし私の経験では、「秋の荒食い」を実感するような爆釣を味わった覚えがありません。
むしろターンオーバーなどに悩まされ、大型に限っては1年で最も難しいとすら感じるほどです。

a1440_000007

 

●シーバスのプリスポーン

しかし魚種によっては、明らかに毎年秋に爆釣する魚もいます。
その一つが・・・シーバス
フィールドの特性もあるかもしれませんが、浜名湖近辺では秋が圧倒的に良く釣れます

IMG_20151107_091730

それは一体、何故なのか?
以前、浜名湖シーバスの秋のシーズナルパターンについて書きました。

関連記事:【浜名湖シーバス爆釣中!秋のシーズナルパターンを読み解く

その中で、「秋になるとベイトを追ってシーバスが川に遡上する」動きがみられる事について触れました。
ここと密接にかかわってくるのですが、これは「何故わざわざ淡水域まで上ってきて餌を喰うのか?」とも言い換えられます。

その答えは・・・「プリスポーン」にあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

●「喰わなければいけない」という本能

シーバスの産卵は一般に12~2月頃、沖の深場で行われる・・・というのが通説のようです。
それが真実なら、晩秋にシーバスの爆発が起こる時期はちょうど「プリスポーン」の状態と考えられます。

生物にとって最重要イベントである産卵に、必要となる栄養を蓄えるため・・・
「食べなければならない」という本能に突き動かされて、淡水域にまでエサを追い求める。
これが、シーバスにおける秋の荒食いの仕組みなのではないかと思います。

a1150_000758_m

 

そうであれば、他の魚においてもプリスポーン期に荒食いが見られるはず。
例えばブラックバスで考えてみると・・・最も釣りやすいのは(たぶん異論は少ないと思いますが)、
つまりピッタリとプリスポーン期に重なるという訳です。

●プリスポーンの荒食い

というわけで秋の荒食いというよりも、「プリスポーンの荒食い」と表現する方が適切なのでは・・・と今では考えています。

海水魚ではシーバスのように、冬季に産卵する種が少なくないようです。
という事は、海では秋(のプリスポーン期)に荒食いが見られる事が多い、という事は言えると思います。

それを「越冬に備える行動」と解釈したために、ブラックバスについても秋に荒食いが起こる・・・という風に考えられたのではないか。
今はそのように想像しています。

salmon-302048_640

「産卵と捕食」という観点から、シーズナルパターンを考え直してみるのも面白いかもしれませんね。
「シーズナルパターン」という考え方自体が古いという話もありますが・・・)

 

※更新情報と時事ニュースをお届けしますので、ぜひFacebookページへのいいね!& twitterのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2015年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ