バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

アウトドア&フィッシング ナチュラム

[D] イヨケンの「エリート脱落」に待った!- 残された一筋の希望 –

最終戦を残し、来季のエリート残留が絶望的な伊豫部プロ。
しかし意外な所から、来シーズンへの希望が見えて来た!?
敢えて厳しい挑戦を続ける、イヨケンさんへエールを送ります。。。

スポンサーリンク

伊豫部選手、エリート脱落・・・!?

皆さんこんにちは、KenD(けんでぃ)です。
先日お伝えした2016Bassmasterエリート第8戦、日本選手は全員失意の予選落ちを喫してしまいました。

justinlucasgdixon_potomac_elite_-101_3(写真はbassmaster.comより)

終盤のヤマ場を外したことで、大森選手以外の年間ランキングは軒並み降格圏に・・・・。

しかし、清水・宮崎・桐山選手の3名については、「生涯平均ランキングでの救済」措置が採られる可能性があります。
(ただし、確定と言うわけでは無いようですが。あと、清水選手は自力残留の可能性も充分に残されています)
けれども、もはやこの手が使えない事が決定してしまっている選手がいます。
そう、それが参戦2年目の伊豫部健選手です・・・。

iyoken(Bassmaster.comより。バスマスターマガジンの表紙を飾る活躍は鮮烈でした!)

自力で来シーズンのエリートシリーズに残留するためには、年間ランキング70位以上が必要です。
しかし伊豫部選手は現在87位で、70位とは88点の大差
優勝は100点なので数字上の可能性はゼロではありませんが、率直に言って残留は絶望的と言って良い状況ではないでしょうか。
アマケンさんのツイッターによれば、ご本人はすでに「来年またオープンからやり直します」と気持ちを固めていらっしゃったそうです。

イヨケンさんの「Fish it easy!」の名言を座右の銘にしている私としては、もう残念どころの話ではありません。
40台中盤で年齢が揃った日本人エリートプロの中にあって、唯一の30代だった伊豫部プロは、次の世代の希望でもあったと思うのです。

しかしカムバックを誓ったイヨケンさんの決意には、私をはじめ多くの方が感動を貰ったのではないでしょうか。

 

残留の道は残されていた!?

・・・というわけで失意に暮れていた時、ある衝撃的な記事を見つけました。
何とイヨケンさんの来季エリート参戦の可能性は、まだ残されているというのです!!

iyobeイヨケンよ、来期のオープンから出直しだと?(「ナニブロ」さんより)

詳しくは上の「ナニブロ」さんの記事を読んで頂きたいのですが、伊豫部選手は今シーズンのBassmasterセントラルオープン第2戦で29位を獲得しています。
残りのセントラルオープンにも参戦して年間ランキング5位以内に入れば、エリートへの参戦権を手に出来ると言うのです!
(ちなみにBassmasterにはノーザン・サザン・セントラルの3つのオープンシリーズがあり、各5位以上がエリートに昇格できます)

いやいや第2戦で入賞していても、オープンは全3戦のシリーズなのでもう無理でしょう・・・。
そう思いきや、シャロー道さんでスケジュールをチェックしてみたところ、何と第1戦が10月に順延になっているではありませんか!

bass2016central12016バスマスター・オープンの詳細(「シャロー道」さんより)

と言う事は、9月29日〜10月1日に第3戦のレッド・リバー戦が通常通り開催。
そしてその後10月27日〜29日に繰り延べられた第1戦が行われるなら、今からでもフル出場出来るではありませんか!!

FLWからの流入選手が増えた昨今、もちろん年間5位は非常に厳しいハードルです。
しかし1試合の平均順位30位程度で年間ランキング5位になる事を考えれば、獲得した29位は悪くない好位置。
来シーズンの残留に向け、これは残された最後の希望なのではないでしょうか・・・!?

しかし、「来年またオープンからやり直します」と言われたイヨケンさん。
まさか第1戦の順延をご存知ないという事は無いと思いますが・・・今からではエントリーが難しいなど、何か障害があるのでしょうか?
スケジュール的に難しいなど事情があるのかもしれませんが、何とか来年も「エリートプロ・伊豫部健」の活躍を観たい!!
どんな小さな希望であれ、全てを優先して掴みに行って頂きたいと願ってやみません・・・。

10296582_787025901321438_5121850398736625477_n(イヨケンさんのFBより)

というわけで勝手な希望ばかり書いてしまいましたが、結果がどうあれ、これからも伊豫部プロの挑戦にエールを送っていきたいと思います。
いつか“アイオビー”同様に、世界の頂点を制するその日を信じて・・・。
(事情通の皆様へ:今回の内容につき、もし間違い等ありましたらご指摘頂けると幸いです)

iobee

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ