バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[S] ガーミン魚探の凄さの理由 – 「振動子を2個付けられる」とこんなに良い事があった!

今季私が導入したガーミン魚探のGPSマップシリーズには、振動子を2個接続できるというユニークな特徴があります。
(ちなみに、現時点では他のモデルには無いはずです)

スポンサーリンク

だから何?それってスゴイの??・・・という話ですが、これを活用する方法はいくつか考えられます。

まず1つ目は、違う2種類の振動子を接続する事。
たとえばシャローをワイドにスキャンするにはGT52-HWが有用ですが、深場やウィードを貫通して正しく水深を測るにはGT41が有利・・・。
非常に迷うところですが、GPSMAPであれば1台の本体で両方の振動子を利用する事が出来るというわけです。

また、2つの振動子を別々の場所に設置する目的にも活用できます。
たとえばディープのシューティング・メソッドの際には、前後の振動子に映る魚影のタイムラグを利用する場合があると聞きます。
その際一台の振動子をフロントのフットエレキに設置し、もう一台をトランサムに設置するというシステムが1台の本体で組めるというわけです。

魚探関連で、圧倒的に一番高価なのは「本体」・・・。
というわけで本体を1台のみで済ませ、もう一台のモニターをタブレットで代用する試み、現在着々と進行中です。

※ちなみに、専用ハードケースのあるipad air2の方が良いのかなぁ・・・と悩み中です。

スポンサーリンク

 

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ