バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[閑話休題] 遠い日の夢の話

病床に臥して、窓を見上げる。
思い出されるのは、遠い日の夢の数々・・・。
セピア色の彼方へ去った記憶と、三十路を過ぎた今、走り出す理由をお話します。

スポンサーリンク

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

病床にて

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
心配をおかけしておりますが、体調はまずまず回復してきております。
しかしこうして病床に臥してみると、普段意識しないような色々な事が思い出されてきます。

と言う事で、今回は少し趣向を異にしまして・・・。
懐かしく思い出されてくる、遠い日の夢についてお話させて頂きたいと思います。

 

バスプロになりたかった少年時代

さて小学生の頃、私の夢は“バスプロ”でした。
当時のバス釣り少年にはありがちな話だと思いますが、愛読書は“釣りトップ”、そしてバイブルは“今江克隆のバスプロ・ユニバーシティ”・・・。
1980円のスピニングロッドで、日々電撃アワセの練習をしていたものです(爆)。

男の子たちが揃って”将来の夢はJリーガー”と書く時代に、卒業文集に“バスプロになる”と書いた少年は、しかし中学になると現実の壁にぶつかります。
琵琶湖に行って今江プロの弟子にしてもらおうと考えていた私は、当然ながら「そんなんで喰えるわけないだろ」と父親から一喝されます(苦笑)。
そりゃそうだよなぁ・・・と諦めた時点で、私の幼稚な夢はあっさり思い出の彼方へと去って行きました。

 

小説家を夢見た文系青年

そんな意志薄弱な少年は、当然のようにフツーに普通科へと進学します。
あれだけ熱中していたバス釣りもやめ、部活と勉強だけの毎日を過ごした私の心を埋めたのは、ファンタジーの世界・・・。
空想の世界に憑りつかれた文系青年は、いつしか小説家となる事を志すようになります。

しかし熱意を注いだ作品たちは、ことごとく賞に落選します。
私が本当に”ホンモノ”であったならば、そこで決して筆を置く事はなかったでしょう。
けれども簡単に「自分には才能が無い」と挫折感に負けた人間に、未来が開けるはずがありません。

本来志望していたはずの文系学部(哲学科)すら諦め、「将来、手に職つけやすいから」という親の勧めに従うままに、資格の取れる理系の大学へと進学・・・。
ミュージシャンになりたいと語る同級生に、「夢じゃ喰えないだろ」と吐きつける、スレた大人みたいな高校生でした。
(本当は、自分の挫折感を他人にも押し付けていただけだったんですよね・・・)

 

レーシングドライバーに転身!?

別に興味も無い大学に進んだ私は、やがてスピードの世界に魅了されていきました。

スポンサーリンク

スピードは天(そら)がくれた 最後の魔法
悲しみも迷いもない 世界へ行ける

子供の頃に観たアニメの歌詞を頭に、夜の峠で加減速Gに身を委ねる日々。
行き場の無い若さは、やがてサーキットでの公式競技へと向かっていきます。
そしてそこからは、ひたすらバイトとレースの毎日が続きます・・・。

何を間違ったか初年度でチャンプを獲得(バスで言えば、チャプターでAOY獲ったくらい?)した青年は、「プロのレーシングドライバーになれるかも」と盛大に勘違いwww
しかしステップアップした上位シリーズ(JBならマスターズ位の感覚)で、コテンパンに現実を思い知らされます。
「結局自分は、何をやっても一番になれない」と、安っぽい悟りを開いたような気分に浸りながら・・・
何をやっても続かない根性の無い青年は、やがてフツーに就職し、結婚し、そして普通の大人になっていきました。

 

35の青春

しかし30代も半ばに差し掛かった最近になって、私の人生は大きく変わり始めました
きっかけはそう・・・このブログ、“DeeeP STREAM”です。
それをきっかけとした多くの方々との出逢いが、次々と新しい挑戦に火を付けたのです。

(思えば本気で取り組んで来た釣りと小説のトレーニングが、ブログと言う形で融合したと言えるのかもしれません)

私はこの世の大多数の人と同様に、何をやっても一番になれなかった普通の人間です。
しかしそんな私にも、自分だけにしか出来ない事があるのかもしれない・・・。
「ナンバーワンでなく、オンリーワン
そんな言葉の意味が、少し分かりかけてきたような感覚を覚えるようになったのです。

ですから「自分しかやらない事」に、もっとどんどん取り組んでいきたい。
今回はちょっとやり過ぎて倒れてしまいましたが(苦笑)、30を過ぎた今になって、ようやく夢を追えるようになったと実感しているからです。

“あの頃の未来”に、今自分は立っている。
「何歳になっても、夢を追うのに遅過ぎる事は無い」と語る”偉大な一般人”(笑)・欠塚さんの言葉を信じて、夢と現実を結び付ける努力をしていきたいと願う今日この頃です。

夢を信じて・・・。

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

    • くかみ
    • 2017年 4月 23日

    自分も似たような物なのかもしれませんw
    実家が琵琶湖まで自転車で行ける事もあり、第一次バスブームで釣りの楽しさを覚え、学校のノートに魚ではなくルアーの絵を書いてました。
    そんな自分も例に漏れず親父に怒られましたねー。
    青年期は単車にのめり込み、単車とタバコと缶コーヒーがあれば生きていけるなどと言ってましたが、交通事故で昔のようには乗れないようになった時に釣りを再開。
    その素晴らしさを再確認した感じです。
    家庭を持った今では、前の様に毎週金曜日の夜から日曜日の夜まで琵琶湖とはいかなくなりましたが。
    とは言え、琵琶湖はしょっちゅう行っています。
    いつかkenDさんと会えればいいなとか思ってたり。(案外会ってたりして)
    その時はよろしくです!

    • 単車とタバコと缶コーヒー・・・。
      その世界観、ヒシヒシと良く分かります・・・(*´Д`)
      いつかその辺りも含めて、語り合いたいですね!!
      (きっとどこかですれ違っているハズ・・・)

    • ベノワ
    • 2017年 4月 23日

    いつだって夢や目標を持って楽しく、生き甲斐を持って生きることができるのだということが分かる記事でした。
    僕はKenDさんのこのDEEPstreamからバス釣りについて本格的に知り、トーナメントの面白さやバスプロのすごさや大変さを知りました。僕にとってDEEPstreamは大切で、大きな存在のブログになりました。ルアーの初バスゲットを報告できるようにがんばります。
    最後に夢についての楽曲が紹介されていたのでhttps://youtu.be/creE4mJlT0A
    よろしかったら聴いてみてください。

    • ありがとうございます!
      この拙いブログを見て、そのように思って頂ける方がいるのを大変光栄に思います(^^♪
      ご紹介頂いた曲、良いですね!

    • ひばらん
    • 2017年 4月 24日

    どんな病状か分かりませんがお大事にして下さい。
    やっぱり年々無理が効かなくなります。
    私なんか30代にはなんともなかったのにー
    という事が沢山あり驚きます。
    でもそれも受け入れ、日々過ごして
    たまにバスにあそんでもらってます。
    復活お祈りしていますね。

    • ありがとうございます。
      やはり年齢からくる身体の変化は意識しておかなくてはなりませんね(;^ω^)
      早く復活したいと思います。

    • GOD@
    • 2017年 4月 24日

    はじめまして。私も、35過ぎでまたバス釣りを再開して、1人で楽しんでます。まったく同じような軌跡に感情移入してしまいましたw
    ハマりやすいのに、すぐ諦める私は
    自分なんてなにやってもダメな欠陥品だ!
    なんて思って適当な日々を、適当に楽しむことにして生活してます。
    夢を追うということ、本当にスゴイと思います。
    隙あらば琵琶湖に通うお父さんも、ささやかな夢でもいいから追えたらなぁ、なんて気持ちになりましたw
    これからも頑張って下さい!ブログ楽しみにしてます

    • ありがとうございます!
      同じ境遇にある方からのメッセージ、本当に心に沁みてきます(*´ω`)
      お互い知り合わないだけで、きっとみんな1人じゃない・・・そんな気持ちになれます♪
      これからもどうぞよろしくお付き合いのほどお願いします!!

    • T.Netz
    • 2017年 4月 24日

    お加減いかがでしょうか?
    いつもブログを楽しく拝見させていただいております。KenDさんは私と同世代様子。子どももおりますので似たような家庭環境。そのような色々大変な中で釣り道を探求されている姿に自分もまだできるんだと元気をいただいています。挫折してきたと言われていますが、本気で取り組んでいたからこそ、その壁があまりにも高いことに気付くのではないでしょうか。偉そうなことを言ってすみません。あと、私自身30歳を過ぎてから体力的な低下を感じています。ゆっくり休んでくださいね。

    • ありがとうございます、皆様に心暖めるメッセージを頂きまして、かなり回復してきております< (_ _)>
      今回初めて自分に関する事を少しシェアさせて頂いたのですが、思いがけず似た境遇に共感を頂ける方がいらっしゃることに勇気を頂いています。
      これからもどうぞよろしくお願い致します。

  1. KenDさんいつも楽しく勉強させてもらってます。
    仕事に追われてちょっとブログ見ない間に体の具合を…

    あなたならその他大勢のオンリーワンではなく、唯一無二の本物のオンリーワンな人間になれますよ!
    その為にも身体だけは自分持ち、どうかお大事に、そして気をつけて!

    • ありがとうございます、そう言って頂けると本当に嬉しいです(^^♪
      これからもあれこれ考えて頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします!

    • とにかくメタル
    • 2017年 4月 25日

    初めまして、いつも楽しく拝見させて頂いております。なんだか大分麦焼酎二階堂のCMのような回でしたな。自分も感傷に浸ってしまいました。
    私はバスは中学までで、今はもっぱらソルトですが
    貴方のとにかく剛性最優先の考え方が大好きでちょいちょい覗かせて頂いております。
    そう言えばツインパXDはこっそりマスター、ピニオン、中間と真のマイクロモジュールになってましたよ。18ステラへの布石かもしれませんね

    • いつもありがとうございます!
      大分麦焼酎二階堂のCM・・・その世界観で読んで頂けた事を嬉しく思います(^^)
      剛性うんぬんは人によって激しく優先順位が変わるかとは思うのですが、特にソルトで大型の個体を相手にしていると必要性を強く感じるのではと思います。
      そしてツインパXD・・・実はそんな所にまで手を入れてあったのですねΣ(゚Д゚)!
      これは今後の展開が気になります・・・。
      それでは今後ともよろしくお願いいたします!

  1. 2017年 4月 30日

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ