バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] そのライフジャケット、使えますか!?着用義務化のチェックポイント

いよいよライフジャケットの着用義務化が決定!
今お使いの製品は、基準に適合していますか!?
違反者には罰則も設定された、制度改正の内容をまとめます。

スポンサーリンク

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

ライフジャケット着用義務化

みなさんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて色々なところで目にする機会も多いかと思いますが、いよいよ小型船舶の乗船者にライフジャケットの着用が義務化されるそうです。

(国土交通省HPより)

淡水・海水問わず、ボートフィッシャーマンには思い切り影響する今回の改正。
一体何が変わるのか?今使っているライジャケは使えるのか?
今回は、ライフジャケット義務化に関する情報をまとめてみたいと思います。

 

桜マークが必須に!

さて今回の改正ですが、一言で言えば平成30年2月からすべての小型船舶の乗船者にライフジャケットの着用が義務化される、と言う事のようです。
(詳しくは下記の国土交通省HPでご確認ください!)

ライフジャケットの着用義務拡大

しかしどんな物でもOKなのか?と言えばそうでは無いようです。
いわゆる桜マークと呼ばれる、型式承認試験に合格した製品しか今後は使用できなくなるのだそうです。
(浮き上がる力が7.5kg以上あること、顔を水面上に維持できることなど色々基準があるらしいです)

そしてこれに違反すると、船長に違反点数2点が付され、再教育講習を受講しなければならなくなるとの事。
ここでの重要なポイントは、乗船者に救命胴衣を着用させないと、船長に罰則があるという点ではないかと思います。

(この2013年基準に適合・・・というモデルで良いのだそうです)

 

というわけで新調しました

さて個人的には以前から、古くなってきた手動膨張式のウエストベルトタイプのライジャケを買い替えようと思っていました。
過去の記事にも書いたように、安全性を考えるなら自動膨張、そして肩(首)掛け式の方が優れていると聞いたからです。
また、多くの方にブログを見てもらう立場としては、安全性の啓発のためにも肩掛け式が良いのでは?というアドバイスを頂いていたという事情もあります。
(ちなみに、安全性だけで言えば浮力体式が一番良いそうです)

それにも関わらず様子見をしていたのは、「改正で基準が変わって使えなくなるかも?」という一抹の不安があったからでした。
しかし今回、従来からある「桜マーク」があればOKと言う事が明らかになったため、ついに1つ新調しました。
「Bluestorm(ブルーストーム)」ブランドのサスペンダー式 自動膨張式ライフジャケット、BSJ-2520RSです。

これを製造している「高階救命器具」と言うメーカーは業界の大手だそうで、各釣り具メーカーのライフジャケットもOEMで生産しているとの事です。
ですから最も信頼のおける、スタンダードな製品の1つと言って良いのではないでしょうか。
それから生産が安定しているために、ボンベなどの交換用部品が入手しやすいのも見逃せないメリットだと思います。
(ちなみにボンベの耐用年数は3年程度だそうです。忘れずに定期交換したいですね!!)

スポンサーリンク

 

なおBluestormブランドには、より軽量で小型の”BSJ-8120という肩掛け式自動膨張モデルもラインナップされています。
しかしその製品説明をよく読むと、あくまでも「浮力補助具」であるとの事。
平水であれば船検には通るようですが、安全性の面からは避けた方が無難ではないかと感じました。

※製品は小型船舶用浮力補助具です。落水時の泳ぎをサポートする目的の元設計されています。
反転機能はございません。天候が悪い時、泳ぎが得意で無い方のご使用はおすすめいたしません。
軽くてコンパクト、ショアから釣りをされる方におすすめです。

高階救命器具さんHPより)

というわけで、来年から着用が義務化される「桜マーク認定付きライフジャケット」
直前になると品薄になる事も予想されますので、今のうちに用意しておいた方が無難ではないかと思います。

(なお、もし何か間違っている点がありましたらご指摘頂けると幸いです)

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

    • 松下
    • 2017年 6月 16日

    こんにちは、ライフジャケットの着用義務拡大には水産庁の除外規定はあります。
    漁船、遊漁船、渡船に関して着用義務はありますが、国土交通省型式承認品(桜マーク)は努力目標です。
    一般のプレジャーボートは国土交通省型式承認品(桜マーク)でなければいけません

    • アドバイスありがとうございます!
      え、プレジャーボートは国土交通省型式承認品が必要で、漁船などのプロは型式承認が無くても良いのですか!?
      何だか逆みたいでビックリしましたが、貴重な情報ありがとうございました< (_ _)>

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ