バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] “オエオエ棒”はバサーのマスト・アイテムである!?

ワーム・フィッシングにおいて、避けて通れない「フック飲まれ」
さほど技術を必要とせず、簡単に外せる針外しをご存知ですか?
リリースフィッシュを死なせないための、“オエオエ棒”を紹介します。

スポンサーリンク

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

必携の針外し

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて以前、リリースフィッシュの生存率について記事を書きました。

そして元気に魚を逃がすために、“エア抜き”が簡単にできるベンズメンダーを紹介させて頂きました。

しかしもっとそれ以前に、バサー必携のマスト・アイテムがあるのではと感じています。
と言うわけで今回は、飲まれたフックを外すためのフック・ディスゴージャー(針外し)を紹介させて頂きます。

 

飲まれる釣り

さてこの針外しですが、私は少し前まで所有していませんでした。
これはプラグの釣りがメインと言う要因があったわけですが・・・。
次第にソフトベイトを使う機会が増えてくると、ワームが魚に「飲まれるという事が増えてきました。

特にロングワームの釣りなどでは、バイトがあってからある程度待って、ワームを深く咥えさせてからフッキングする必要があります。
こうなると、場合によっては飲み込まれてしまうケースも・・・。
そしてこの時に活躍するのが、オエオエ棒“という針外しです。

(もっと違う名前には出来なかったのでしょうか・・・www)

 

フックを引っ掛けて、押し込むだけ

そしてこのオエオエ棒、使い方は簡単です。
引っ張ったラインに沿わせてオエオエ棒をフックまで進め、ベンド部分に棒の先端を引っ掛けます。
その状態でフックごとオエオエ棒を押し込んで針を外し、後は引き抜くだけで終了です。

(フックのサイズに合わせて、両端のどちらを使うかを選択します)

スポンサーリンク

エラからペンチを入れて外す方法もあり、もちろん技術があればそれで問題ないわけですが・・・。
間違ってエラを傷付けて出血させてしまうこともあり、正直簡単とは言えないように感じます。
その意味でおえおえ棒は初めてでも失敗し辛いと思いますので、フック飲まれ対策にぜひ1つ携帯しておく事をお勧めします。
(値段も安いので手を出しやすいと思います)

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ