バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] 17カルカッタコンクエストBFSの衝撃

伝統の遠心を捨ててまで開発した、新ブレーキ“FTB”
その革新的なシステムが、何とコンクエストにインストール!
はっきり言ってショックだった、カルコンBFSの実力をシェアします。。。

スポンサーリンク

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

軽量巻き物専用ベイトフィネス機

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて今年、話題を集めた新作リールの1つに17カルカッタコンクエストBFS-HG”があるかと思います。

16アルデバランから搭載された、新マグネットブレーキシステム「FTB
シマノが遠心の伝統を捨ててまで開発した新機構・・・という事で話題を呼んだことと思います。
そしてその超軽量スプールを、コンクエスト100の高剛性ボディにインストールしたのが本モデルと言うわけです。

正直15アルデバラン系のボディ剛性は、巻き物用には弱いのでは・・・と個人的に感じていました。
ですので「軽量巻き物専用ベイトフィネス機」と言えるカルコンBFSには、デビュー当初から興味津々。
そして今回、ヘッジホッグスタジオさんから実機を借りることが出来ましたので、早速レビューしてみたいと思います。

(メタニウムのKTFスプールもかなり凄いと思うのですけどね)

 

ブレーキユニットレスがもたらす軽量化

まずは気になるスプール重量からチェックしてみますと。。。
何と、スプールベアリング込実測7.9g!!
ベアリング抜きの実質回転部分の重量で言えば、7g台の前半に入ってくるのではないでしょうか。
(ちなみに16アルデバランBFSのスプールが回転重量7.1gだそうですので、ほぼ同じ位かと。スプール幅は1mm違うようですが・・・)

しかし以前もシェアしたように、軽量ルアーを投げる上で最も重要なのは「慣性」
つまりライン重量も含めたスプール総重量、そして重さがどこに集中しているか?が非常に大切になってきます。
ですからスプールの単体重量だけでは、その性能は推し量れないというわけです。

けれども今回のスプールは、ラインキャパシティも8lb-45m(カタログ値)と最小限に抑えられています。
と言う事で、これまでのベイトフィネススプールとは異次元の使い心地が期待できるのでは・・・と言う事で、いよいよ実際に試投してみました。

 

異次元のレスポンス

今回は1.5号のPEラインを60m、それから8lbのフロロカーボンラインを40m巻いた2セットでテストを行いました。
(ちなみに、これでラインキャパの90%くらい)
まずはPEのセッティングで投げてみたのですが・・・正直、1投目から衝撃を受けました。
5gクラスのプラグだというのに、あっという間にスプール回転が立ち上がったのです。

スポンサーリンク

通常この位のウェイトのルアーですと、たとえベイトフィネスリールでも立ち上がりにもっさり感があるものです。
ですからタラシを長く取って、大きなストロークでふわっと投げる・・・的な工夫が必要になるかと思うのですが、そういう配慮が全く不要。
5gルアーを短いスイングでビシッとキャストできるフィーリングは、率直に言って「未知との遭遇」レベルでした。

そしてフロロのセッティングに換えても、その感覚が大きく損なわれる事はありませんでした。
スーパースレッジを低弾道でカバー際に投げるという、これまでのベイトリールでは考えられなかったようなキャストが本当に可能に・・・。
凄いという噂は耳にしていたのですが、まさかここまでとは思わなかったというのが正直な感想です。

と言うわけで、これまでのベイトフィネスリールを一気に置き去りにする進歩を遂げた“FTB”システム搭載のカルカッタコンクエストBFS
メタニウムMGL以来、最もショックを受けた革新的なリールと言っても過言では無いかもしれません。
その気になる飛距離剛性感など、これから数回に渡って詳しくレポートしていきたいと思います。

 

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

    • フルル
    • 2017年 7月 05日

    いつも楽しみに拝見させていただいております。初めてコメントさせていただきます。
    今回取りあげていたコンクエストBFSですが、同じシステムのアルデバランBFSと比較しても、「投げやすさ」はコンクエストの方が上でしょうか?
    スプールとブレーキについて、両者は同じシステムに見えて、実は細かいところや見えないところで違いがあるのでしょうか?
    ちなみに、マグネットの初期設置個数には違いがあるかもしれないです。

    • いつもありがとうございます!
      その辺り非常に気になるところですよね(^^♪しかし私、アルデバランBFSの方を試してみた事が無く・・・(泣)。
      機会があれば使い比べてみたいと思います!

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ