バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] 新生トレブルSP-Mが証明した、フッ素コートの切れ味

ナノスムースコートを採用し、一新されたトレブルSP/RB-M
しかしフッ素コートは、本当に貫通力を高めるのか!?
がまかつ新生トレブルで、その効果を検証します!

スポンサーリンク

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

“ナノスムースコート”デビュー!

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
フックおたくを自称する私ですが、現在最も頻用するトレブルフックはトレブルSP-Mシリーズ。
理由は色々ありますが、ゲイプ幅が最も広いフックの1つだというのが最大のポイントです。

上の記事でも書きましたが、これによってフックの初期掛かり」率がUP
結果として、プラグへのショートバイトを拾いやすいと感じているからです。

しかし逆に弱点もあって、それが「貫通力の低さ」
ゲイプが広い上にシャンクもそこまで長くないため、フックポイントのベクトルがパワーをロスしやすい角度になってしまうと思うのです。

(注:この写真はSP-Mではありません)

ところが今年、そのトレブルSP-Mシリーズに“ナノスムースコート”モデルがデビュー!
ピアストレブルなどで話題となったフッ素コート技術を使い、貫通性能が大幅に上がったとアナウンスされました。
というわけで今回は、リニューアルしたトレブルSP/RBシリーズの実力をレビューしてみたいと思います。

 

あり得ない場所に刺さる

さてピアストレブルで話題を呼んだフッ素コートの威力ですが、果たしてどれほど効果があるのか?
実を言うと、私自身いまいち確信を持てないでいました。
確かに貫通力は高いのですが、このフックは形状によっても貫通力を高めていると考えられるからです。

その意味では同じ形状でコーティングのみが違う新旧トレブルSP-Mシリーズは、フッ素コートの効果を検証する絶好の素材と考えられます。
というわけで、今春から実釣テストを重ねてきたのですが・・・。
結論としては、「明らかにフッ素コートモデルの方がよく刺さる」と言って間違いないように感じました。

例えば旧トレブルSP-Mでは、口の横など皮の薄い部分などにフックアップしている事が大半でした。
しかしナノスムースコートモデルでは、今まであり得なかったような硬い部分に刺さっている事もしばしば・・・。
それ以前に段ボールにちょっと刺してみても、明らかにスッと軽い力で刺さると感じられたのです。

スポンサーリンク

(こちらは旧モデル。すみません新フックでの分かりやすい写真がありませんでした・・・)

新旧でフック形状は全く同じだそうですので、これはもうコーティングの影響としか考えられません。
というわけでフッ素コートは、”大幅に”フックの貫通力を高めると言っても過言ではないのではないでしょうか。

 

もはやNEWトレブルSP-M一択!?

そんなわけで、ナノスムースコート採用によって唯一の弱点だった貫通力“を改善したトレブルSP-M。
現在あるトレブルフックの中で、今最も気に入っているフックです。
これまでは貫通力を重視するならトレブルRBシリーズ・・・という使い分けがあったのですが、もうSP-M一択で良いのではないか?とすら感じている今日この頃です。
(貫通力が充分なら、SPの方が初期掛かり性能が高いので)

(ちなみにピアストレブルも貫通力は高いのですが、ちょっとフックが重いんですよね・・・)

あとは「フッ素コートモデルは滑りが良過ぎてバレやすい」と言う話もありますが、個人的には今のところあまり感じていません。
OSPルアーなどに多い横アイフックに対しては、センターバランスにならないので速掛等と使い分けが必要ですが・・・。
価格以外は非常に総合点の高い、現時点で最もお勧めできるフックだと思います。
(でもさすがに値段は高過ぎ!がまかつさん、20本入り位の割安パッケージを売って下さい!!)

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

    • T.Netz
    • 2017年 7月 14日

    以前はトレブルフックにはあまり関心がありませんでした。(ワームフックには少しこだわっていますが)しかし、ディープストリームで関連記事を読み、重要性を感じました。また、フックの種類も多くあるのでどれがいいか私には分からないのでKenDさんおすすめフックもしくは純正フックを使っています。フッ素コートについては効果もよく分からないので手を出していませんでしたが、使ってみます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ