バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

[D] フックが分ける天国と地獄 – 真冬のリザーバー挑戦記

ノーフィッシュと隣り合せのウィンター・ゲーム。
天国と地獄を分ける紙一重の差は、フックこそが決める?
凍てつくリザーバーの、真冬のビッグバイト劇をレポートします。

スポンサーリンク

 

真冬の初場所挑戦記

皆さんこんにちは、KenD(けんでぃ)です。
先日はクレイジーなアングラーにお誘い頂き、何とこの12月に初場所のリザーバーにプチ遠征して来ましたwww

放射冷却で気温は氷点下・・・凍結した橋でスリップしながら辿り着いたハイランド・リザーバー。
スタート地点の水温は、4.5℃というガチのウィンター・コンディションでした(苦笑)。

これはまぁ一日ワンバイト勝負と言うか・・・むしろ釣れないだろうなと内心思いながらスタート。
しかしここ数日続いた寒波が収まり、この日は久しぶりの穏やかな晴天となりました。
ディープだろうなと思いつつ、まずは3m程度の浅めのレンジにSRミニ3/4ozを通していくと・・・まさかの「ググッ」!

予想外にトルクフルなサイズ感に、やや不意を打たれて焦ります。
しかもトレーラフックに外掛かりと言う、キワッキワ状態のファイト。
しかし開始早々、何とコンディション抜群の40後半サイズをゲットしました♪

乗せて頂いたボートには魚探が無かったため分からなかったのですが、実はそのエリアだけは8.5℃も水温があったとの事。
案内頂いたBさんの素晴らし過ぎるポイントセレクトで、感動的な真冬のクオリティフィッシュを釣らせて頂く事が出来ました。
(本当にありがとうございました!)

 

真冬のシャローレンジ

その後はロックバンクのディープを定番のフットボールで探っていきますが、全く反応ナシ・・・。
「もしかして、シャローなのか?」
と、先ほどヒットしたポイントを流し直す際、たった1つ持っていたフェイスをジャーク。

(ちなみに後述しますが、このフックセッティングはハイシーズン用です)

水深20~30mエリアの1.5~2mを、弱めの2ジャーク+長めのポーズ(5秒くらい)でチェックしていきます。
そして穏やかな湖面にそよ風が吹き渡ったタイミングで、ラインが「ツッ」!

リアフック1本の外掛かりで上がって来たのは、1本目より1回りデカい50㎝前後のサイズでした。
(※ちなみに前と真ん中のフックは、ファイト中にルアーを体に触れさせて横掛けしたものです)

ちなみにこの時のフックセレクトは、前と真ん中がトレブル21の#4、リアのみSP-Mの#4
貫通せず針先が乗っているだけでしたが、ワイドゲイプフックで低水温期の浅いバイトを絡めとるという目的を見事達成してくれました。
こういう「狙った掛かり方」で獲れると言うのが、フックマニアとして至高の幸せであります(笑)。

(こんな記事を書いていた手前もあり、本当に良かったですw)

もうほとんどお腹いっぱい状態だったのですが、さらにさらにバイト連発
ボートそばでフェイスを引ったくったのはまたまた推定50クラス!!
予想外の突っ込みに「クラッチが切れない~」などとバタバタしているとまさかの「ブチッ」・・・。

まさかリザーバーのオープンウォーターでフロロ14lbをブレイクされるとは思わず、しばし呆然自失・・・(-ω-)
しかも1つしか持っていなかったジャークベイトをロストするという、痛過ぎる展開となってしまいました(泣)。

 

フックこそが釣果を変える

しかしこの真冬のリザーバーで、いきなり50絡みが2本。
もしや今日は爆釣デイなのか!?と、気を取り直してランガンを再開します。
けれど幾多のポイントを回れど、延々と続くノーバイトタイム・・・

スポンサーリンク

予想外の好運で勘違いしかけましたが、やはり12月は間違いなく冬でした(苦笑)。
というわけであっという間に陽は傾き、時間は夕方のドラマ・タイムへ。
Bカスタム1ozを岩の岬に当てながらスローロールすると、「ぬぐぅ~」と重くなる雑巾バイト!
上がって来た丸々太ったビッグワンは、やはりアシストフック1本掛かり!!

獲っっったぁーーー!!!

今日一番のサイズとなる、50UP・推定2kgオーバーのドラマフィッシュ!
そしてこの日の釣りを象徴するように、この魚もまたアシストフックに外掛かりしていました。
(しまった、横持ち全体写真を撮ってもらい忘れました・・・)

というわけで40後半~50UPの数釣りが出来たという、奇跡のような冬の一日となりました。
案内して下さったBさんには、感謝してもし切れません。

そして興味深かったのは、「全ての魚が外掛かりだった点。
これはフックセッティングが合っていなければ、“ゼロ”と隣り合せだったとも言えると思います。
場所は良い、タイミングも合っている、しかし魚が乗らなかった・・・。
そんな真冬のノーフィッシュ地獄と天国を分ける決定的なキーは、やはり“針”にあったと考えています。

ロッド、リール、ルアー・・・釣りには数多くのタックルが関わっています。
しかし個人的に最も釣果にダイレクトに反映するのは、地味だけれどフックだと感じています。
その意味で狙う掛かり方を実感できた今回の釣行は、フックマニアの私には釣果以上に味わい深い1日でした。
(何せ半日で13回フックを替えた位のオタクですので・・・って何の自慢にもなりませんがw)


 
フックこそが釣果を変える。

特に冬の厳しい時期こそ、その影響は絶大だと感じています。
よろしければぜひ、この冬フックセッティングにこだわってみて頂きたいと思います。

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 3月 07日

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ