バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[バスマスターへの道 -8] エントリーフォームとW-8BENの書き方

多額の賞金はもちろん、優勝者にはバスボートも!!
夢の広がる米国トーナメントですが、裏には税金の影が。。。
分かりづらい必要書類についてまとめます。

スポンサーリンク

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

エントリーフォームの書き方

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
バスマスタートーナメント参戦までを記録し続ける、“Road to Bassmaster”特集。
今回はエントリーフォームなど、必要書類の書き方をシェアしてみたいと思います。

(bassmaster.comより)

まずはバスマスターオープンのエントリーフォームについて。
これはレジストが完了すると、ルールブックとともにB.A.S.Sから郵送されてきます。

必要事項を記入するのですが、アメリカでの社会保障番号(ソーシャル・セキュリティナンバー)など緑の枠で囲った部分は該当が無いので空欄のまま提出しました。
ちなみに日本の電話番号を記載する際は、頭に「81」を付けた後、最初の「0」を省いた番号を書いておけばOKだそうです。
(ですからもし090-1234-5678なら、+81 901235678になるというわけです)
それから「Emergency Contact」の上の欄には、日本で緊急連絡先(&事故があった時の保険の受益者)となる人(私の場合は妻)の名前を書いておきます。

スポンサーリンク

あとはひっくり返した裏面の最後に、サイン(直筆)と日付を入れておきます。
ちなみにSignatureの方は筆記体、Print Nameの方はブロック体で名前を書いておけばOKとの事。
そして試合前日のレジストの時までに、原本を会場に持ち込めば良いらしいのですが、私は下のW8-BENと一緒に先に郵送しておきました。

 

W8BENは事前に郵送

それからB.A.S.Sから、税務申告用の書類を提出するようEメールが届きます。
色々と書いてあるので混乱してしまいますが、アメリカの非居住者の場合はW-8BENという添付されてくるフォームに記入すれば良いようです。

この際の注意点は、W8-BENは前もって送っておかなければいけないという事です。
直筆のサイン欄もあるので、私の場合はスキャンしたPDFのデータを先にEメールで送り返し、その上で原本をエアメールで郵送しました。
なお、原本の提出は必須らしいです。

ちなみにW-8BENの書き方は、ネット上にたくさんUPされているのでここでは割愛します。
賞金を受け取る際に必要な書類になりますので、絶対に忘れないようにしたいですね。

(Bassmaster.comより。優勝してボートもらいたいですねwww!!)

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Translate:

    カテゴリー

    スポンサーリンク

    Twitter でフォロー

    カレンダー

    2018年1月
    « 12月   2月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  

    アーカイブ