バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] 洗濯機で帽子が洗える!秘密兵器”キャップウォッシャー”

真夏の強烈な陽射しを防ぐ、必須アイテム”フィッシングキャップ”
しかし汗だくの帽子を洗うと、型崩れで台無しに!?
洗濯機でキャップを傷めず洗う、便利アイテムを紹介します。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

知っときゃ良かった秘密兵器

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて今年は、平年より二十何日も早く梅雨明けした地方もあるという事で・・・。
6月末にして、既に真夏のような暑さになった所も続出したようです。

そんな夏の釣行では、当然ながらダラッダラに汗をかく事になります。
当然家に帰ったら、即シャワーからの洗濯といった流れになるかと思いますが・・・。
この時悩ましいのが、汗だくになった「帽子」のケアです。

洗いたいのは山々ですが、洗濯機にかけたら型崩れは避けられません。
実は私、一度やらかしてお気に入りのキャップを駄目にしてしまいまして・・・。
手洗い」の表示を守らないと駄目なのだと、身をもって知った次第です。

しかし昨年、「バス釣りブログ速報ナニブロさんで超便利アイテムが紹介されていたのを発見。
その名もキャップウォッシャーで、なんとプラスチックの骨組み(?)に帽子を挟んで洗濯機に掛けられるという一品です。
そして実際何度か試してみた結果、確かに洗っても型崩れしにくいと実感しました。

(ただし帽子の素材や形状にもよるかもしれませんので、どんな帽子にも合うかは分かりません)

悪ふざけではありません!本気でオススメ『キャップウォッシャー from USA』

造りは何と言うかアメリカンな感じ(苦笑)で、これ本当に大丈夫かと心配になるのですが・・・。
洗濯ネット併用+ソフトモードで洗えば、まるで手洗いしたかのような綺麗な仕上がり。

見た目はギャグみたいですが、予想外に使える隠れた実力派です。
お気に入りのキャップの汚れが気になっている方には、ぜひ試してみて頂きたいと思います。

(ちなみにヒドイ汚れの場合は、先に洗剤をつけた歯ブラシでこすっておくと良いようです)

 ※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ