バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] ジグ丸飲み!”バケットマウスBM-9000″驚異の収納力

ジグや大型プラグ等、荷物のかさばるオフショアゲーム。
大量のタックルを、一気に飲み込むBOX発見!!
横綱級ジギングボックス、“バケットマウス”を紹介します。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

MAX級ジギングBOX”バケットマウスBM-9000″

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
毎週土曜はソルトの日という事で、本日は超久しぶりにジギングのお話・・・。
思い切って新調したジギングBOXバケットマウスBM-9000“(メイホー)を紹介してみたいと思います。

さてこのバケットマウス、先行する「ドカット」をフォローしてMEIHOからリリースされたシリーズ。
ジギングで求められる頑丈さ大容量を実現した、踏み台としても使えるタフなタックルボックスです。
そして今回はシリーズ最大サイズの”BM-9000を購入してみました。

本体だけですでに3.6kg(汗)という、重量級のボディサイズはパッと見で圧倒されますが・・・。
それを支える取っ手部分も、非常にゴツいものが装備されています。

人が乗っても大丈夫という天板は、両開きに対応。
蓋を完全に外す事も出来るという設計になっています。

そしてこの大柄なBOXは、驚くほどの収納力を秘めています。
なんとバーサスVS-3043NDDM(深型)×2VS-3043ND系(浅型)×3、さらにはジグロールバッグ×3個も飲み込みます。
これまでいくつもに分かれていたジギング用ケースを、見事一つにまとめることが出来ました。

ただしこれは「かなりギリギリ」に詰め込んだ場合の話で、たぶんメーカー推奨の使い方ではありません(苦笑)。
まずVS-3043NDをボトムに平置きした上で、残りのBOXを4つ縦に並べます。
ですので底面の1個は非常に取り出しにくくなるため、頻度の低いものを入れるサブ用と考えておいた方が良いでしょう。

そしてバーサス系のケースの横に、ジグロールバッグを3個立てて完成。
ちなみにジークラックのバッグを使っていますが、長い方のタイプでも立てて入れられました。

(ちなみにこの状態だと、付属の中蓋は入れられません)

ただし当たり前なのですが、これだけの量を入れるとボックスが超ヘビー級になります(苦笑)。
パンパンに入れていない状態でも、たぶん20kgは超えているかと・・・。
こればかりは鉛を大量に入れるジグBOXの宿命とも言えますが、ちょっと失敗したかもと思うくらい重いですwww
というわけで次回は、さらに詳しく中身のケース内について書いてみたいと思います。
(ちなみにサイズの割には、実売価格↓はそこまで高くない感じがします)

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ