バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] 本気の2ozパンチングに応える、エクスプライド1711XH

1ozですら侵入を拒む、難攻不落のヘビーマット。
しかし2ozを使いこなすのは、並のロッドでは全く不可能!?
ガチのヘビーフリップに応える、本格パンチングロッドを紹介します。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

1ozと2ozの併用は不可能

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて以前、1oz前後のフィネス・パンチングロッドの名竿B79 Cover PEについてシェアしましたが・・・。
今回はそれを上回る真のヘビー・パンチャー、2ozクラス用のパンチングロッドについて書いてみたいと思います。

(2ozでないと入らないようなマットには、ラバー無し&接着剤で一体化させるのが好きです。。。)

私の知る限り、市販されている最重量級バレットシンカーは2.5ozかと思うのですが・・・。
この手の2ozクラスのヘビーテキサスを快適に扱える竿というのは、本当に少ないと思います。
実は表記上「2.5ozにも使える」という竿はたくさんあるのですが、ハッキリ言ってティップがもたれ過ぎてしまう事がほとんどだと感じました。

(フルレンジのC711Hも、1.5ozくらいまでかなと・・・)

そして色々なロッドを使ってみて辿り着いた結論は、「1ozと2ozを1本の竿で併用するのは無理」という事でした。
頑張れば使えないことは無い・・・というロッドは確かにあるのですが、やはり同じ竿で2倍も質量の違うシンカーを快適に使うのは不可能。
本気で2ozクラスを使いこなそうとするなら、潔く1ozクラスを捨てる必要性があると感じたのです。

 

世界のヘビー・パンチャー

そして日本国内でのニーズを考えた時、2ozパンチング専用ロッドというのはほとんど無いのではないかと感じます。
しかしそのマニアックなシャローマンたちに救いの手を差し伸べたのは、あのワールド・ワイドロッド・・・。
エクスプライドシリーズに、1711XHという本格パンチングロッドがラインナップされているのです。

これはもちろん対アメリカ用の番手で、開発者はあの深江真一プロ!!
1ozクラスの使用感をキッパリ捨て、ガチの2ozパンチングに照準を絞った本気のヘビー・パンチャーなのです!!

(適合ルアーウェイトは、私見では1.5~2.5ozといった感じです)

(今やアメリカでは、1ozはライト・フリップだそうで・・・)

そして私も実際使ってみたのですが、確かに2ozテキサスに絶妙なティップ感
ヘビーリグでも竿先がもたれ過ぎず、カバーに喰われる不快感がありません。
それでいて突っ張るような嫌な硬さもなく、緩めのテーパーでリグを支える”強さ“を感じられるブランクなのです。
2ozテキサスを試合で使い込んでいるプロの設計した、さすがのバランスだなぁと唸らせられました。
(負荷を掛けると、レギュラーな感じに曲がるタイプ)

(この手のウィード漂着マットって、ホント入りにくいんですよね・・・)

 

ガイドセッティングに疑問?

しかしこのロッドにはちょっと不満も感じていまして、それがガイドセッティング
個人的に、PEパンチングにはスパイラルガイドがマストだと感じているのですが・・・。
1711XHは通常のガイドセッティングで、どうしても糸絡みが気になってしまうのです。

(あとは、なんだかリールからバットガイドまでの距離が長過ぎるような気も?)

とはいえ本気で2ozクラスのパンチングをするのであれば、個人的に欠かせないと感じるエクスプライド1711XH
なかなかこれに代わるロッドは少ないと思いますので、ヘビー・パンチャーの方にはぜひ使ってみて頂きたいと思います。
(こんなスペシャルロッドが、この価格帯で売られているのは本当にありがたいです・・・)

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

    • くかみ
    • 2018年 10月 26日

    こんにちわ。
    自分も気になっていたロッドです。
    だいぶアメリカほ意識したロッドですねー。
    個人的にはパンチングと言うより、フリッピングロッドって印象受けました。
    フリッピングロッドってラインを引き出すときに、ガイドとリールの距離が離れているとラインを出しやすいんです。
    はじめて見たときはシマノ本気だな!って思いましたw
    いいなーいいなー。買おうかなー

    • おお、注目しておられましたかー(^^♪
      このロッドは本当に、深江さんがアメリカでパンチ&フリップするために作ったんだなと思いました。
      これだけ本気のロッドは(特にこの価格帯では)なかなかないと思います、ぜひ(^^♪

    • kiyo
    • 2018年 10月 26日

    こんにちは。
    既にご存知かも知れませんが、アイロッドのジェネシスⅡの7114というロッドもコストパフォーマンスが高いですよ。

    • ありがとうございます、アイロッドは存じませんでした!
      またチェックしてみたいと思います(^^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ