バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] 小森嗣彦選手、完勝!! BASSER ALLSTAR CLASSIC 2018

スターたちのプライドが、激しくぶつかり合ったバサクラ2018
“利根川の帝王”の意地が、小森選手の独走に「待った」をかける!?
幾多の物語たちが、今年も熱い戦いを繰り広げました!!

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

※タイトル画像は、ピュアフィッシングジャパンさんtwitterよりお借りしました

小森選手、ポール・トゥ・ウィン!

皆さんこんばんは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて2018バサーオールスタークラシック、小森嗣彦選手がトータル7645gで自身二度目の優勝を果たしました!

(Sugawaraさん司会お疲れさまでした!)

初日、他を圧倒する4505gを持ち込んでトップに立った小森選手。
安定のナイススコアで逃げ切るポール・トゥ・ウィンを決めた形ですが・・・。

(site Bより)

2日目にド肝を抜く4335gをウェイインした“利根川の帝王”沖田護選手が最終コーナーで肉薄するという熱い展開となりました。

(site Bより)

そして3連覇を目指してハイリスクな戦略を採ったであろう、北大祐選手は最終13位フィニッシュ。
しかし勝者のみが輝くオールスターにおいて、勝負を賭けた判断はきっと間違っていなかったと思います。
ともあれこうなってくると、“霞ヶ浦の鬼”赤羽修弥選手の持つ3連覇の記録は、もはや未来永劫破られないのではという気がしてきます。。。

(そういえば北選手の新ブランド”PAY FORWARD“、いよいよスタートしたんですね!)

最後に私事となりますが、今回私自身はアングラーに同乗するプレスのお仕事を拝命しておりました。
初めての事で、終始どきどき・ドタバタで周りの皆様には大変お手数をお掛け致しましたが・・・。
いつもと反対に、舞台の裏側から見たバサクラにはまた一味違った感動がありました。

(菊元選手、大変お世話になりました!)

実はLIVEも観られていないため、逆に皆様よりも全体像を把握できておらず・・・(汗)。
これからabema TVの見逃し再生を片耳で聞きつつ、朝までには帰宅出来るよう頑張りたいと思いますw
というわけで、詳細についてはあらためてまた記事に致しますので、皆さま楽しみにお待ち頂ければ幸いです!

(セレモニアルスタートで私に声を掛けて下さった方、ありがとうございました!めっっっちゃ恐縮でしたwww!)

バサクラLIVEの見逃し放送はコチラ

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ