バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[2019セントラルOPEN第2戦] 大復活の伊藤巧選手、タイトルレースでトップ快走!

本場アメリカのトーナメントで、日本勢が大躍進!
スミスレイクに旋風を起こしたのは、何と「亀山の釣り」だった!?
悪夢のトラブルから蘇った伊藤巧選手が、ついに年間トップに立ちます!

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

ジャパニーズ・ルアー、アメリカで大暴れ!!

皆さんこんばんは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
少々遅くなってしまいましたが、今回はバスマスター・セントラルオープン第2戦について。
木村建太選手が最終7、そして伊藤巧選手が8フィニッシュと、今回も日本選手が素晴らしい活躍を見せてくれましたね。

(©BASSMASTER)

今回のトピックの一つに挙げられるのが、ジャパニーズ・ルアーの活躍ではなかったかと思います。
7位入賞の木村選手、そしてコアングラー部門で12入賞の北畠選手、そして30位の北選手が揃って使用していたキー・ルアーが「ダッジ」
デカ羽根モノ好きの方々には言わずと知れた名作ルアーが、バスフィッシングの本場アメリカで大暴れしたというわけです。

(ランチアさんのtwitterより。もちろん原型であるクレイジークローラー的なルアーは元々アメリカにあったわけですが、この手のデッドスローのデカ羽根モノは、日本で独自に進化したジャパニーズ・ルアーと呼んで差し支えないかと・・・ね、つかじーさん?)

 

クラッシュからの大復活

そして本戦で最大のドラマは、初日でエンジンがクラッシュした伊藤巧選手の見事な復活劇ではなかったでしょうか。
房総リザーバーに近いイメージというスミスレイクで順調にスコアを積み重ねるも、何と走行中に割れたペラでロワーケースが大破
開幕戦でいきなり2位という好スタートから一転、マシントラブルでリタイアという悪夢のシナリオを突き付けられたのです。

(伊藤巧選手のFBページより)

しかし運命の女神は、この美青年によほど惚れ込んでいたのかもしれません。
オフィシャルに近くのスロープまで牽引してもらい、さらに陸路で試合会場まで急行。
ヤマハのクルーに(?)何とわずか20分で修理してもらい、奇跡のリスタートに漕ぎつけたというのです。

とはいえルール上、これまで釣った魚はオール・リリースとなりスコアカウントは再びゼロに。
普通なら絶望してもおかしくない状況の中で、しかし伊藤選手は折れることなく不運に立ち向かいました。
とにかく揃えると決意を固め、センコーのダウンショットでリミットメイクし52位に踏みとどまります。

そして2日目は亀山湖で磨いた釣り」で猛チャージをかけ、一気に5位へジャンプアップ!!
そのまま決勝を8位で終え、二戦連続シングルフィニッシュでついに年間レースのトップに立ったのでした。

※このあたりの詳細については、site Bで読み応えのある記事がシェアされておりましたのでぜひ目を通していただければと思います。

伊藤巧のB.A.S.S.参戦記 セントラル2戦を終え年間レース暫定首位!

 

止まらない日本勢の躍進

というわけで、日本勢の躍進が止まらない2019セントラルOPEN。
ダッジにせよ亀山スペシャルテクニックにせよ、日本のルアーやメソッドが十分に通用することが証明されたと言えるのではないでしょうか。
日本で育まれた釣り文化が、本場アメリカで羽ばたく様には胸を熱くせずにはいられません。
彼らは私たちジャパニーズ・バサーの夢を体現する、「日本代表」なのだとあらためて強く感じさせられました。

(©BASSMASTER)

年間ポイントでは暫定首位の伊藤選手を始め、5位に伊豫部選手17位・18位に片岡選手/北選手23位に加藤選手がつけるなど大活躍。
例年では年間5位までに滑り込めばElite昇格への道が開けてくると考えれば、参戦初年度で新たな日本人エリートプロ誕生も夢ではないかもしれません。
まだ二戦を終えて折り返したばかりですので気が早いかもしれませんが、エリートで戦う伊藤選手をぜひ見たいと願っているのは私だけではないでしょう。

(©BASSMASTER 青木選手も27位にランクインしています)

だんだん欲張りな話になってしまいますが、こうなってくるとバスマスターCLASSICに出る日本選手の姿もぜひ見てみたいもの。
個人的には“バイソン片岡”選手あたりに一発派手に優勝してもらって、クラシックで大暴れしてもらいたいところです(笑)。

(よーし流行ってきたぞw)

【GO!GO!片岡壮士!】

そんなわけでabema TV“ワールドチャレンジ”で放送されるのを楽しみにしつつ、今後ともアメリカに挑戦する選手たちを応援していきたいと思います。

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

    • しがない釣り人
    • 2019年 4月 30日

    今までどことなく日本のバス界に漂っていた「でも結局日本の釣りは本場アメリカと較べればローカルのひとつでしかない」と言う卑下するような?空気が日本人選手の活躍で、そんな事は無い、自分たちのスタイルに胸を張って、と励まされているようで嬉しくなっちゃいますね

    • はい、ホントその通りで、日本で独自の進化を遂げたバスフィッシングは私たちの誇るべき文化だと思います!
      それを体現してくれる選手たちを、心から応援しています(^^♪

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ