バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] フロッグのフックって、実は交換できるってご存知でした?

カバーゲームに欠かせない、フロッグの旬がいよいよ到来。
しかしフックが鈍ったら、ルアーの寿命が終わってしまう?
大切なフロッグを復活させるための、フック交換についてシェアします。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

フロッグの旬、到来!!

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて近畿~九州北部では、いまだ梅雨入りが発表されないカラ梅雨の6月ですが・・・。
この時期旬を迎えるルアーの1つに、フロッグが挙げられるのではないかと思います。

以前はちょっとイロモノ的な存在に思っていたこのルアーですが、本気で武器になる事を知ったのが数年前。
フロッグは「“カエル”じゃないと割り切れた日から、シャローカバー攻略に欠かせないアイテムになりました。

そんな私のお気に入りフロッグは、まずは何と言ってもスリザーク(デプス)”
鏡のように静かな水面で、長距離を連続ドッグウォークで追わせるのに最高のフロッグだと思っています。
喫水が深め(水に沈んでいる部分が多い)でボディも柔らかいため、フッキング率が高いのも見逃せない美点です。

そして雨や風などで、少しだけ水面が騒がしい時に使うのがバスターク(デプス)”
ポッパータイプという事で、音や飛沫で少しアピールを上げたい時に重宝しています。
後はバスがスローな際、少し止めて誘うのにも良いと感じています。

最後にアシ際など狭いスポットで誘う時、移動距離を抑えて首を振らせる時はワッカー(テッケル)”がお気に入り。
一か所でネチネチと180度ターンさせ続けるなら、非常に優秀なフロッグだと思います。
このジャンルではアイオビーも良かったのですが、国内ではもう手に入りづらくなってしまいました。。。

あと最近使い始めた変わり種としては、トードランナー(ブーヤー)”も良い感じです。
これは早い話がホッパープロッパーのテールが付いたフロッグで、タダ巻きで広い範囲を探るのに最適。
今琵琶湖に多いパラパラの薄いヒシモエリアなどで、大活躍しそうな予感です。

 

フロッグのフック交換

そんなフロッグですが、悩ましいのがフックの問題。
特にスリザーク&バスタークなどは入手が難しいので、針先が曲がったりしたら大ショックなのですが・・・。
リューギさんからフロッグの交換用フックが売られていることを知り、早速購入してみたのです。

具体的な交換方法については、下記リンク先の「寺川英幸の”T”-IMPACT」さんの記事を参考にさせて頂きました。
スリザーク・バスタークに関してはカスタムフロッグフックの#3/0と、フック穴を埋めるためのフックホールシーラーを用意すれば完璧かと思います。
作業自体は非常に簡単で、多少ボディが裂けてしまってもシーラーで埋められるのであまり神経質にならなくても良いでしょう。

スリザークのフック交換

ちなみにこのフック、フッ素コートが施されているので純正より貫通力UPも期待できます。
というわけでお気に入りのフロッグをキレッキレのフックで復活させて、シャローカバーに出かけましょう!!

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ