アメリカBASSトーナメント参戦を目指すアマチュアバサー、KenD(けんでぃ)の奮戦記をお送りします。。。

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] ヘビー・ネコリグで差をつける”マルチパーパスシンカー”のすすめ

今では完全に一般化し、誰もが使うようになったネコリグ。
人と違う差別化の一手は、シンカーの選択にある?
ヘビーネコが超快適になる、お勧めの一品を紹介します。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

ヘビーネコリグの差別化

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
当サイトでは色々な釣具をレビューしてきましたが、今回は中でも珍しいシンカーのお話。
カンジインターナショナルからリリースされているマルチパーパスシンカー(略・MPシンカー)”が非常に印象的だったのでレポートします。

(色は自分で塗りました)

さてこのMPシンカー、逆三角形のカブのような一風変わった形をしています。
使い方は色々なのですが、私が非常に便利だと思ったのは「ヘビーネコリグ」に利用する方法。
ツイストロックのばねなどを利用して、ストレートワームの頭にネジ込むことが出来るのです。

(バネは少し短く切った方が使いやすいと思います)

ネコリグではネイルシンカーを用いるのが一般的ですが、重くなってくると大きさが問題になってきます。
ネイルが太く・長くなってしまうため、ワームの変形が大きく可動部分も制限されてしまうと思うからです。
ワームの太さにもよりますが、スワンプクラスだと2.7g以上、スワンプマグナムクラスだと3.5g以上はちょっと抵抗があるのが正直なところです。

ところがこのマルチパーパスシンカーであれば、シンカー本体をワームに入れ込む必要がありません。
ヘッド部分にピタッとくっつける事で、非常にスマートなシルエットを保つことが可能になるのです。
これによってアクションのしなやかさが損なわれにくく、頭が太くならないので沈下速度も遅くなりづらいと感じます。

(ちなみにわざとワームの頭から離してブラブラさせると、カバーへのスタック感を強くすることも出来ます)

今では完全に市民権を得たネコリグは、10m以深のスーパーディープヘビーカバーでの”オモネコ”など様々なシーンに用途を広げています。
マルチパーパスシンカーはそうしたヘビーウェイトでの使用時に、ネイルタイプとは明らかに違う使用感が得られると感じました。
一般化したリグだからこそ、差別化のためにシンカーをひと工夫してみてはいかがでしょうか。

(ちなみにフリーリグ等で、引っ掛かりを強くしたい時にも使えます。。。)

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

    • ニゴイ3号
    • 2020年 3月 04日

    カバーネコにもよさげですね!試してみます〜〜!!

    • そうなんです、貫通力が上がると思いますのでぜひぜひ(^^♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. :[最初に] DeeeP STREAMについて

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ