バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[2019最新版] フリーリグのメリットと作り方

タフなフィールドでブレイクし、定着しつつあるフリーリグ
テキサスに無いメリットと、出しどころは一体どこなのか?
その基本を振り返りつつ、最新のアップデートをまとめます。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

フリーリグ・最新アップデート

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
バス釣りレッスン101では、全ての基本となるフリーテキサスを紹介して参りましたが・・・。
スローな釣りが優勢となるポスト~アフタースポーン時期、今シーズン各地で大活躍しているのがフリーリグではないでしょうか。

ウィードが激減した今年の琵琶湖はもとより、先日バスオブジャパンの大会が行われた旧吉野川でもテトラ撃ちで大活躍していました。
数年前にブームとなってから、最近では定番のジャンルとして定着した感のあるフリーリグ。
今回はそのメリットの復習と、アップデートされてきたリギングの仕方について最新情報をまとめてみたいと思います。

 

フリーテキサスの派生形

さてこのフリーリグですが、一言で言ってしまえばテキサスリグのバレットシンカーの代わりにドロップシンカーを使うだけ。
つまりはフリーテキサスから進化していった、似たジャンルのリグだということが出来るでしょう。
ですからシンカーが遊動することによる吸い込みの良さ」、「掛かりやすさ」、「バレにくさといった、多くの特徴が共通しています。

その上でフリーテキサスを上回るメリットもあり、その一つが「フリーフォールの””が多く取れる」という点。
さらには垂直に落下しやすいため、カバーからの移動距離を抑えたり、軽いウェイトでもテトラの穴の中に入れやすいといった利点もあります。
この辺りについては、以前の記事を参照して頂ければ幸いです。

もちろん逆にデメリットもあり、一番大きいのは回収力の低さ(=根がかりやすさ)と言って良いでしょう。
バレットシンカーのようにワームの頭を保護するものが無いので、ズレてフックポイントが露出しやすくなってしまいます。
込み入ったブッシュのようなヘビーカバーに入れる際には、決定的な弱点となってしまうと思います。

しかし近年注目されてきたのが、その「引っ掛かりやすさ」を逆にメリットとして利用する方法です。
マルチパーパスシンカー(カンジインターナショナル)のようなスリ抜けにくい形状のシンカーを使うのが、今シーズンの琵琶湖で大流行中。
スリ抜けの悪さを利用してわずかなウィードにわざとシンカーを引っ掛け、軽くほぐしてウィードから「外す」アクションで喰わせる釣り方が成果を挙げているのです。

ウィードをスルーせずにハーフ・スタックさせたいなら、ウェイトを重くすれば良いのでは?と思われるかもしれません。
しかし今シーズンの貧弱なウィードにヘビーシンカーを使うと、すぐにウィードを倒したり引き抜いたりしてしまいがちになります。
ここでのキモは引っ掛けた後にいかに軽い力でポロッと外すか?で、良く釣っている人は必ずこの作業を丁寧に行っていると考えています。

(このちょっとした新芽を、いかに丁寧に攻められるかが今の琵琶湖で釣るコツかと。。。)

 

フリーリグの作り方

最後にフリーリグの作り方ですが、基本的にはドロップシンカーに糸を通してからフックを結ぶだけで終了です。
しかしシンカーのアイが結び目にはまり込んでしまって、シンカーが動かなくなってしまう事が時々起こります。
ですから昨年は、結び方を工夫することでこれを回避する方法を紹介させて頂きました。

これで確かにスタックは解決するのですが、使い込んでいくうちにアワセ切れが多い事に気が付くようになりました。
(遊動するシンカーが、結び目を傷つけている?)
そこでフックの前にクッションゴム(テキサス用のゴムストッパーでも可)を付ける事で、ラインブレイクも同時に解決することが出来ました。

 

さらにスナップを併用すると、シンカーチェンジを容易にすることも可能。
これでウィードの濃さやカバーの種類に応じて、こまめにウェイトや形状を変えるよう心掛けています。
私は音速ラウンドスナップ(がまかつ)のSSを使っているのですが、線径が細いのでさらに遊動しやすくなるという違いもあります。

(ただしドロドロのウィードなど、ゴミが多い時は併用しない方が賢明です)

というわけで、根掛かりが少ない状況ではたくさんのメリットが得られるフリーリグ。
きちんと魚を探すことが出来れば、もちろん基本のフリーテキサスで釣れない事は無いかと思いますが・・・。
タフなフィールドで+αの釣果を出したいと考えるのであれば、強力な武器になるのではないでしょうか。

(先日のBAIT第2戦では、5gのフリーリグがメインリグの1つでした。。。)

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

    • くかみ
    • 2019年 5月 20日

    こんにちわ。
    浮き止めゴム。その手があったかー。
    自分はビーズ付けてましたw今度やってみます。

    昨日は琵琶湖大荒れの中、なぜかミシガンクルーズしてました。
    上から見ると、濁りまくりでした。
    ミシガンからキャストしてみたいw全く揺れない&雨なんか関係ない

    • はい、ぜひ試してみてください(^^♪
      ミシガンなら確かにあの風でも無敵でしょうね(笑)!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ