アメリカBASSトーナメント参戦を目指すアマチュアバサー、KenD(けんでぃ)の奮戦記をお送りします。。。

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] いきなりジャークしない!?ジャークベイトの基本操作

アングラーのコントロールが効く、自由度の高いジャークベイト。
上手く動かすコツの一つは、「いきなりジャークしない」こと?
ルアーの姿勢とラインの軌道を、自在に操るポイントをシェアします!

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

ジャークベイトはいきなりジャークしない!?

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
いよいよ春本番の陽気となり、各地で景気の良い釣果が聞かれるようになってきました。
そんな中、今が旬なジャークベイトについてフォロワーさんから質問を頂きました。

KenD様
いつもブログ拝見させていただいてます。〇〇××です。
ワンテン+のような1段深いレンジをジャークベイトで狙う場合、初めにリーリングで潜らせてからジャークしますか?それともポーズ早めのジャークで潜らせますか?
調べても確証のある答えがなかなか見当たらなかったので質問させていたたきました。
ご回答いただけたら幸いです。

非常~に良い質問だと思いましたので、回答を皆さんにシェアさせて頂こうと思うのですが・・・。
私はジャークベイトを使う際、基本的に「まず最初に少し潜らせてからジャークを開始するようにしています。
潜らせるのはリーリングでも良いですし、ロッドワークで潜らせる(リッピング)のも良いと思うのですが、ジャークベイトの種類によらずほぼ必ず実施しています。
というわけで今回は、その理由についてお話してみたいと思います。

 

まずは”正しい姿勢を作る”こと

さて私がキャスト直後に少し潜らせる最大の理由は、正しい姿勢に直すため」です。
ワンテンやルドラなど現代のミノーは、多くが重心移動システムを採用しています。
そしてこの手のルアーはキャスト時に重心移動球が後ろに寄るため、着水直後はだいたい尻下がりの状態になっています。

この状態からいきなりジャークを始めると、ルアーが暴れてフロントフックにラインが絡まったり、ひどい場合は水面から飛び出してしまったりします。
ですからまずリーリングorリッピングで少し引っ張ってやることで、頭を下げて重心移動球を前側に動かしてやるというわけです。
このようにルアーを正しい姿勢にしてやることで、初めて安定したジャーキングが出来るというわけです。

(あとは泳がせてみることで、着水直後にラインがフックに絡まって無いかを確認できるという意味もあります)

ちなみにバンク撃ちなど、着水点から可能な限り移動距離を抑えたいという場合もあると思います。
その際は軽くちょこんとルアーの頭をお辞儀させるようにトウィッチしてやると、あまり動かさずに姿勢を正すことが出来ます。
ただしこうした使い方を突き詰めるのであれば、やはり固定重心のモデルが有利になるのは否定できません。

 

ラインメンディングの”縦”と”横”

それからもう一つの効用としては、ラインメンディング“がきっちり出来るという点もあります。
ジャークベイトに限らず、ラインの軌道を一直線にする事はルアーコントール上のキモと言えますが・・・。
特に横風の強い時はサミングだけでなく、着水後に「ギュッ」とラインを引いてやることでより直線化させることが出来るというわけです。

あとは見逃しがちなポイントとして、横だけでなく“方向のメンディングにもなる事が挙げられます。
たとえフロロであっても、キャスト直後は表面張力でラインが水面に浮いた状態になってしまいます。
これをリッピングで水面下に沈めてやることで、潜り出しを良くしてやることが出来るというわけです。

(逆にトップなど、ラインを沈めたくない時はやりません)

というわけでこのような理由から、私はまず少し潜らせてからジャークを開始するようにしています。
少し深めのレンジを狙う際は、早く目的の水深に入れたいので5~10回ほどリーリングしてから始めることも。
(ご質問のワンテン+1などの2mダイバーがこれにあたる)
そんなわけでジャークベイトはアングラーが自由自在に操れるルアーですので、マニュアル感覚でコントロールを楽しんでみて下さい。

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

    • maco
    • 2021年 4月 06日

    KenD様
    以前させていただいたコメントをブログの記事にしていただき、ありがとうございます!感激です!
    実は、、まだ色々と質問がありまして。。
    お忙しいかと思いますので、またお時間のある時にでも回答いただけたら嬉しいです。
    この度はありがとうございました(*^^*)

    • こちらこそ、良い質問をありがとうございました(^^♪
      疑問な点があれば、何なりとまたお尋ねください!
      (すべて回答できるとは限りませんが、時間のある時に出来る範囲でお答えいたします)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. :[最初に] DeeeP STREAMについて

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2021年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ