アメリカBASSトーナメント参戦を目指すアマチュアバサー、KenD(けんでぃ)の奮戦記をお送りします。。。

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] ’21BassmasterクラシックDay1,スティーブ・ケネディTOPスタート!!

世界最大のバストーナメントの祭典、バスマスタークラシック
異例の6月大会が、いよいよテキサスでキックオフ!
世界の一流選手たちに、伊藤・松下両選手が挑みます!!

※タイトル画像はBASSMASTER.comより

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

異例の6月大会、いよいよキックオフ!

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
世界最大のバストーナメントの祭典、バスマスター・クラシック
コロナの影響による異例の6月開催、いよいよレイク・レイロバーツで始まりました!

(©B.A.S.S.)

 
トーナメントウォーターとなるレイ・ロバーツですが、比較的新しいリザーバーとの事。
立ち木やグラスが豊富な、レイク・フォークに似たフィールド環境のようです。
しかし今年はまだ5月くらいの季節感と言う異常気象で、まだまだポストスポーン優位の状況なのだそうです。
 

 
そんな微妙な季節感の中で、下馬評通りスティーブ・ケネディ選手が大活躍!
シャローとオフショアを絶妙に使い分け、23lb(約10.3kg)-5fishで初日トップに立ちました!!

(©B.A.S.S.)

 
Kennedy crushes Classic Day 1

(©B.A.S.S.)

そして今のエリートで再注目の若手アングラー、パトリック・ウォルターズ選手が僅差の22lb-7ozの2位。
’20エリート最終戦を圧勝したレイク・フォークの再現なるか、2日目以降に要注目です!

(©B.A.S.S.)

 
そして初日のビッグフィッシュ賞を獲得したのは、地元テキサスのフランク・タリー選手!
タンクの愛称で知られる優しきビッグ・ファーザーも、14位からの好スタートを決めて見せました。

(フランク選手のFBページより。超巨漢なので全く魚が大きく見えないw)

また日本勢は伊藤巧選手が33位松下雅幸選手が47位と厳しいスタート。
ウェイト差を考えると優勝は厳しいと言わざるを得ませんが、ひとつでも順位を上げて欲しいところ。
というわけで白熱のLIVE2日目はもうすぐ、日本時間21:00よりオンエア予定!
豪華選手の競演を、今夜もしっかりとウォッチしましょう!!

 
バスマスターLIVEはこちら

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. :[最初に] DeeeP STREAMについて

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2021年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ