バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

パンチング-スタッブクローのセッティングについて

20120318_225436

スポンサーリンク

さて、前回の釣行ではシャローカバー撃ちをメインにゲームを展開しました。
当然、マットカバーを突き破るヘビーテキサス・・・「パンチング」にも挑戦したわけですが、いまいち上手くいきませんでした。
具体的には、マットの貫通率が低いのです。
あと、キャストを続けるうちにフックポイントが露出してしまい、引っ掛かって手返しが悪くなってしまう。

どうしたものか・・・と調べていたら、さすがキムケンさん。
答えは全てココ↓にのっていました。

スポンサーリンク

ポイントとしては、フックのアイはおろか結び目までもワームの中に埋め込むことで、ワームとシンカーを完全に一体にすることにあったのかなと思います。

自分はフックにはツイストロックを使っていたので、これだとどうしてもシンカーとワームがフィットせず、その間で関節のようにブラブラと動いてしまうのです。

あと、フックポイントの問題は、セットする時に一回も針先をワームから出さなければいいみたいですね。

最後に、自分はどうしてもPE直結に抵抗があったので、20lbフロロのリーダーを付けていたのですが、それもカバーに入り辛くなってしまう要因になっていたようです。

これらを改善して・・・次回こそはパンチングでナイスフィッシュをGETしたいです。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2012年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ