バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

13メタニウムXG→HGへのギア交換

標準で96㎜(シマノ風に表現すると48mm)のロングハンドルが魅力で買った13メタニウムXGですが、ハンドル1回転=91cm巻き取りは、やっぱり巻く釣りには厳しかったです。

スポンサーリンク

というわけで、巻きに使う時期だけはギアを変えてしまおう!という事で、ハイギアモデルのドライブギア(172番)とピニオンギア(173番)を注文。

シマノのパーツ表を見る限りでは、XGとHGのギヤ周りの部品で品番が違うのはこの2つだけみたいなので、たぶんこれでいけるはず。

しめて部品代5000円。
嗚呼、また散財を・・・

★追記

部品が到着したので、早速ギア交換を実施してみました。
写真左がハイギヤ、右がエクストラハイギヤ。
外径など、もっと劇的に違うかと思いきや意外と差が小さいように思いました。
どっちがどっちだか分からなくなりそうです(苦笑)。

20140312_134816

で、ソルトでも使うためギヤケース内部全体に、細筆で薄くグリスを塗ります。
(効果のほどは不明ですw)
05メタニウムで錆びまくったピニオンギアにはシマノのデュラエースを、ピニオンを受けるベアリング(部品番号67)にはシマノ純正リールグリススプレーをしっかりと塗ります。

20140312_134832

ローラークラッチベアリング(29)も良く錆びたので、デュラエースを塗ろうかと思いましたが、あまりに巻きが重くなると困るので純正グリスにしておきました。
(デュラエースは塗り過ぎに注意みたいです。ドライブギアとピニオンぐらいにしておいた方が良いかも)

というわけで、本当に部品2つのみで簡単にギヤ交換が出来ました。
季節ごとにギアチェンジを楽しんでみるのも面白いかもしれませんね。

 

※更新情報と時事ニュースをお届けしますので、ぜひFacebookページへのいいね!& twitterのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2014年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ