バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

2014.03.27-28 春まだ遠し・・・の琵琶湖

2014/03/27(木)
[06:00]薄曇り/弱風
気温 12度/中潮
水温 瀬田川 10.8
雄琴沖 10.0
彦根 9.3
5点平均水位 +7cm
放水 130t/s

桜も開花し、待ちに待った春がやってきました。

・水位上昇
・前日の暖かい雨→朝の冷え込み無し
・多めの放水量→チャネルラインのクリアアップと低水温?
・結構強い北西風

スポンサーリンク

というわけで、迷うことなく東岸の流入河川周辺のシャローエリアへ向かいました。
狙い通り、河川や水門から入った濁りがシャローに広がり、水温もクリアな沖の11℃前後に対して13℃~14℃。

これは釣れるでしょう!ということでシャローをやり切るも、何とニゴイのみで完全ノーフィッシュ・・・まさか春の琵琶湖でパーフェクトゲームを喰らうとは。

20140327_095631

要因としては、強い北西風が悪影響を与えていたのか?ぐらいしか心当たりがありません。

2014/03/28(金)
[06:00]晴れ/弱風
気温 4度/中潮
水温 瀬田川 11.1
雄琴沖 9.8
彦根 10.3
5点平均水位 +8cm
放水 150t/s

二日目。
朝は4℃と冷え込んだこともあり、2時間だけと心に決めてディープをチェックしてみることに。
考えた要素としては、

・流れが弱い
・風が当たりにくい
・高水温の濁った水が入っている
・越冬から醒めたバスが動いていく経路であろう、4mライン→3.5mラインへの地形変化
・そしてそこに、ウィードが残っている

ということです。

具体的には、北西風の風裏になりやすい浜大津沖周辺に目をつけ、ウィードと水を見ながら10キャスト毎くらいでハイスピードにランガン。
今年になって沖のウィードの様子をチェックするのは初めてなので、まさに手探りです。

なかなか良いウィードに巡り合えない中、お?と思えるカナダモの新芽が。
水深3.8m。ファットペッパープラス(アユカラー)をウィードにかけてほぐすと、ぬっと重くなるアタリ。
ハリ1本掛かりで上がってきたのは、ナイスコンディションのプリ・54cmでした!

スポンサーリンク

20140328_073246

ロッドはストライクマスター77でちょっと硬めなのですが、低水温期対策に先端15mだけナイロン(ポリアミドプラス14lb)を巻いてきた効果が出たかな???

しかしまぁ・・・越冬明け展開ですよね。
正解はこっちなのかも?と迷いましたが、風もなく日も当たってきたし、今春の課題にしているシャローカバー攻略へ戻る事にしました。

この日は風も無くシャローの水温はグングン上昇し、何と暖かい所では16℃台まで!
これは絶対釣れるだろう~と意地になってカバーを撃ちまくっていきますが、バイトの遠いこと遠いこと・・・。
それでも赤野井シャローカバーで執念の一発!

20140328_132138

顔のデカさで50UPか!?と期待しましたが、尻尾が丸まっていて変わった個体。
身体を伸ばして計ってみたら48君でした(苦笑)。
ベイトフィネスジグハイパー3/8oz + フラッピンホグ(ブラック)のまっ黒コンビにて。

前回、当たりはあったもののスッポ抜けに悩まされたため、今回はフックをデコイのフリッピンストレートにしてみました。
やっぱ近距離戦でフックポイントを立てるには、ストレートフックに分があるのでしょうかね・・・。今度はFPPストレートとかも試してみようかな。
とりあえずワームストッパーのズレ防止効果も高く使いやすいフックでした。

で、夕方は上がってきそうな地形をランガンしまくるも、追加なしにて終了でした。
今春の琵琶湖・・・マジで厳しい・・・。

陸に上がってから他のアングラーと色々話をしたのですが、状況は極めてシブかったみたいで、春らしいエリアはことごとく惨敗な感じのようでした。
だいぶ季節が遅れているのでは・・・という話でした。
シャローはあんなに暖かいのに、不思議な話ですね。

高い放水量のせいで、沖で越冬中のバスは寒くてシャローまで移動できないのでしょうか?
うーん答えが知りたい。

とりあえず、近々琵琶湖に行かれる方は、覚悟しておいた方が良いかもしれません(苦笑)!

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2014年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ