バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

オフショア・キャスティング時のリーダーの長さ

これまでリーダーの長さは1mくらいに留めてきたのですが、前回試しに3mくらいとってみたら、すこぶる使用感が良好でした。

スポンサーリンク

具体的に言うと、キャスト時に1mくらいタラシを取った状態で、リールにリーダーが1回転くらい巻き込まれた状態=人差し指をリーダーに掛けて投げる感じです。

やり込んでいる人からは「当たり前だろっ!」と突っ込まれてしまいそうですが、ここまで長くしない方が、飛距離とライントラブルの少なさの点で有利では・・・と思ってあえて短めにとっていました。
でも、全く逆でした(苦笑)。

スポンサーリンク

まず飛距離の点ですが、確かに太いリーダー部分が短い方が、抵抗は少ないはずだと思います。
でも、細いメインラインのPEに指を掛けて投げると、痛くて思いっきり振り抜けないんですよね。
こうした要素から、結局はリーダーを長めに取った方が飛距離が出たのかな?と想像しています。

もう一つのライントラブルですが、これも使ってみた感じではリーダー3mの方がかえって少なかった印象です。
これについてはイマイチ良く理由が分かりませんが・・・。

ともかく、考えるのはいいとしても、実際にやり比べてみないと本当のところは分からないですね。
頭でっかちになりがちな自分としては、反省点です・・・。

という事で、今後は普通に(?)長めのリーダーで臨みたいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2014年7月
« 6月   8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ