バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

ベイトリールの下巻きラインを極太PEにするメリット

ベイト用の下巻きラインですが、最近は極太の(5~8号)のPE
ラインを巻いています。

スポンサーリンク

20150307_154839

理由はPEラインの比重が軽いからで、特に太いと隙間が多くなりライン重量を軽く出来ます。
少しでもスプール回転部分の重量を抑えられれば、軽めのものを投げる時に初速が上がってラクになる・・・はず。
感覚的には、13メタニウムにフロロ14lbを75m巻いた時の下巻きをこのセッティングにすると、10g切る位から違いが出てくる気がします。

スポンサーリンク

これ位だと少し分かりにくいかもしれませんが、14lb-50mを巻いて残りの下巻き部分を極太PEにすると、かなり明確に違いが実感できると思います。

軽めのルアーを使う機会が多い方は、ぜひお試しあれ(^^♪

※よろしければ Facebookページへのいいね! & Twitterフォローをお願いします→

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 7月 31日

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ