バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

[D] 爆釣ポイント丸わかり!?浜名湖ルアーマンに絶好のチャンス到来!

難しい浜名湖ルアーゲームで、一気に釣果を上げる方法とは?
釣れるポイントとメソッドを、実は簡単に知る事が出来る・・・
そんな「教材としてのトーナメント」の楽しみ方をご紹介します。

スポンサーリンク

釣果を上げる一番大切な要素、「ポイント」

皆さんこんにちは、KenD(けんでぃ)です。
今日は久しぶりに、浜名湖の話題を書いてみたいと思います。

2011A_0041

さて、中部地方の超メジャーソルトフィールドである浜名湖ですが、率直に言ってかなり難易度の高いフィールドです。
一説によると、あまりに難しいのでなかなか取材にも使われなくなってしまったとか(苦笑)。
しかしそんな浜名湖ですが、キッチリと釣り方をマスターすれば、素晴らしい釣果で応えてくれる遣り甲斐のある湖でもあります。

12901292_1752640371640311_2623500643145542703_o(真昼間のデイゲームで70UPのシーバス連発!とか堪らないですよねw)

浜名湖の生きる伝説!? THE LAST H.O.T of 黒田健史
浜名湖オープントーナメントのレジェンド、黒田健史プロのDVDを観ました。 黒田プロはメガバス所属のバスプロで、TOP50にも参戦...

20131102_113708(中には80UP、5kgオーバーまで・・・)

けれども浜名湖ルアーマンの皆様としては、「一体どうやったらそんな釣果が出せるの???」と信じられない思いの方も少なくないかもしれません。
これまで私が浜名湖を釣り込んでくる中で一番のキモだと感じたのは、とにかくまず「ポイント」だという事です。

爆釣ルアーやヒットカラー云々よりも、釣りで最も重要なのは1にも2にも「場所」
釣れる所に釣れるタイミングで入ればもはや何を投げても大爆釣・・・なんてことすらあるというのが正直なところです。

 

最もカンタンな浜名湖マスター法

しかし、では一体どうやったらそんな爆釣ポイントを知る事が出来るのでしょうか?
何年も通い詰めて、少しづつ場所を開拓していく・・・と言うのが王道です。

けれどもそんな時間と労力を掛けずとも、実は簡単に場所が分かってしまう裏技があります。
それは・・・「浜名湖オープントーナメント」に出るという方法です。

HOT2016

浜名湖オープントーナメント(Hamanako Open Tournament=通称HOT)は、日本最大級のソルト・トーナメント
シーバス・クロダイ・キビレ・マゴチ・ヒラメの5魚種・3本の総重量で争われる大会は、これまで数々のニュー・メソッドを送り出してきました。

2011A_0241(今では日本中に広まった「ボトムワインド」も、実はHOTのウィニング・パターンが発祥です)

 

難しいと言われる浜名湖デイゲームでも、今ではしっかりと釣果が出せるメソッドが開拓されてきたと思います。

スポンサーリンク

ポッパーはトーナメントウェポンになり得るか? - HOT第2戦本戦レポート
お待たせいたしました、それでは浜名湖オープントーナメント第2戦の、試合当日について書いてみたいと思います。 ●残された5つの選...

そんな浜名湖オープントーナメントの最大の魅力は、「優勝エリア&パターンが勉強できる」事ではないかと私は考えています。
表彰台では、気になる場所から狙い方までが詳しくインタビューされ、上位のパターンが丸わかり
浜名湖の釣りをマスターする上で、これほどまでに役に立つ機会も無いと思います。

2015A_2289

ですから私がHOTに参加し始めた最大の理由は「浜名湖の釣りを勉強するため」で、実は最初は成績などどうでも良いと思っていたのです(笑)。
(数年前までは、デイゲームで1尾の魚もまともに触れませんでしたので・・・)
ボートアングラーはもちろん、オカッパリで浜名湖を楽しむアングラーの方にも非常に参考になると確信しています。

HOT最終戦優勝パターン1・ボラ喰いの巨大魚狙い
何と優勝!させて頂いた「2015浜名湖オープントーナメント最終戦」。 そのパターンやタックル、ルアーなど、詳細について書いていきた...

「釣りは魚との知恵比べであり、人と競い合うものでは無い」
以前はそう考えていてトーナメントに興味の無かった私ですが、「競技の出場者みんなで魚との勝負をする」(その日の正解パターンを探る)という考え方もあるという事に、HOTに参加する事で気付けたように思います。

2015D_1043
 

HOTに出るなら今年がチャンス!

しかしトーナメントなんていうと、何だか敷居が高そう・・・とためらう方も多いのではないかと思います。
確かに競技というと、「プロみたいな人たちが、目を三角にして勝ち負けに明け暮れているのでは?」というイメージを持たれるかもしれません。

201303_0377

確かにプロアングラーも参戦していますが、HOTはアマチュア主体の和気あいあいとした雰囲気で、良い意味で殺伐とした勝負の空間という感じが無いと感じます。
参加者の皆さんはオトナな方が多い印象で、初めての方には丁寧に接して頂けると思います。
(私が参加し始めた時は、とても親切に色々と教えて頂きました)

2015D_1060(最終戦はマグロパーティーなので、家族との触れ合いも・・・)

逆に言えば、若手が少ないのが悩みの種・・・という実情もあり、現在HOTでは新規の参加者を大募集!中。
今年はエントリー費も大幅改定され、若手や女性アングラーも出場しやすいよう、値下げが実行されています。

★エントリー費
《30歳以上男性》 4,000円
《20〜29歳男性》 2,000円
《20歳以上女性》 2,000円
《19歳以下男女》 1,000円

※エントリーはホームページから簡単に出来ますので、ぜひ公式HPをチェックしてみて下さい。

 

さらに手軽な「プレス制度」もお勧め!

それでも出場するのは気が引ける・・・という方には、「プレス制度」がお勧めです。
これはランキング上位選手に同船して、その釣りの全てを見学できるというもの。
私もかつて、1シーズン全戦に渡ってプレス乗船させて頂き、トップアングラーの釣りを徹底的に研究させて頂きました。

2015A_2226

※プレス制度とは
 参加選手の不正防止と、プレス乗船者のレベルアップを目的に導入された制度。基本的には前回大会の上位3位以内の選手への乗船が可能であるが、希望があればこの限りではない。上位3位以内の選手は特別な理由がない限りプレス乗船を断る事はできない。プレス乗船は誰でも利用できるが、以下の利用規約に同意しなければならない。

【プレス制度利用規約】
・プレス乗船時には釣りをする事はできない。
・プレス乗船時にはライフジャケットを着用し選手の指示に従う。
・プレス乗船時の事故については選手とHOT事務局、協賛スポンサーは一切責任を負わな
 い事とする。
・可能な範囲で選手の写真や動画を撮影しHOT事務局へ提出する。

(プレス参加費は5000円2000円に大幅値下げ!募集枠に限りがあるはずなので、申し込みはお早めに!)

昨年2度の優勝を経験させて頂く事が出来たのも、この体験無くしては決してあり得なかったと信じています。
当日自分が釣りをする事は出来ませんが、これ以上に勉強になる機会はどこにも無いのではないでしょうか。

<速報>浜名湖オープントーナメント最終戦、優勝しました!!!
晩秋の浜名湖最終決戦、HOT第4戦。 関連記事:【ついに辿り着いたキッカー・・・優勝争いは7kg台へ!?】 結果は・・・7760g...

※申し込みはエントリーフォームに「プレス希望」と記入するか、直接電話連絡(053-489-2877)すれば大丈夫・・・だと思います。
というわけで、浜名湖の釣りをスキルアップさせたいと考えている方には、ぜひこぞって参加して頂きたいと思っています。
高校生アングラーの方も大活躍中ですので、若手の方もぜひ気軽に遊びに来てください!

2015Z0005(スーパー高校生アングラーは、2015最終戦でビッグフィッシュ賞!)

というわけで次回は、簡単な浜名湖オープントーナメントの参加法を書いてみたいと思います。
※HOT参加者の皆様には、ぜひ情報の拡散をよろしくお願いいたします<(_ _)>

 
※更新情報と時事ニュースをお届けしますので、ぜひFacebookページへのいいね!& twitterのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ