バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

アウトドア&フィッシング ナチュラム

[D] フロロもPEもダメ?トップウォーターにナイロンが最適な理由

トップウォータールアーを、生かすも殺すもライン次第。
フロロNGは有名ですが、実はPEでもまた良くない!?
その理由は、ラインの比重と「水絡み」にありました・・・。
 

スポンサーリンク

トップウォータープラグのライン選び

皆さんこんにちは、KenDです。
さてさて梅雨本番となり、熱いトップウォーターシーズンが開幕しています。

S__17293326

しかしこのトップウォーター、タックルセレクト、特にラインによって致命的な差がついてしまいます。
そこで今回は、トップウォータープラグ用のライン選びについて書いてみたいと思います。

 

フロロはNG?

さてこのライン選択、「トップウォーターにフロロはNG」という事をよく耳にするかと思います。
フロロは比重1.78と重くて沈みやすいので、沈んだラインにプラグが引っ張られてしまい、水面下に潜り過ぎてしまいます。
これは特にポッパーなどの「ステイ時間が長い」場合に顕著ですが、逆に言えばペンシルの連続ドッグウォークなど「止めない」場合はそれほど問題無いとも思います。

IMG_20160502_102645

 

PEもNG?

では、水に浮くPEラインならどうでしょうか?
正直、ロッドを柔らかくするなどの調整をすれば、PEはトップウォーターに合うと思っていました。
しかし先日PEセッティングでポッパーを動かした時、ある事に気付きました。
いつもの音質が出ない・・・」

20150621_225401-1024x576

個人的に、>琵琶湖最強ポッパーだと思っている”コーリングペッパー“。
「ボコッ」という低い音が深いレンジの魚を呼んでくれると思っているのですが、この音が出なくなってしまったのです。

ラインやロッドを入れ替えて検討した結果、その理由はおそらく「ラインが浮き過ぎ」るためではないかと思われました。
ナイロンは、軽いと言っても比重1.14
比重0.98完全に浮いてしまうPEと比べれば、多少は水に沈むはずです。

この「僅かなラインの重み」によってルアーが僅かに沈み、適度な水絡みを与えられる・・・。
これによって、トップウォータープラグの最も美味しいアクションを引き出せるのではないかと感じた出来事でした。

ナイロンには「伸びやすい」という大きな弱点がありますが、デファイアー・アルミーロなら本気でフロロ並みに低伸度です。
トップウォータールアーを活かすラインセレクトは、超低伸度ナイロンで決まり・・・と言っても良いのではないかと思います。
それでは皆様、楽しいトップウォーターシーズンを!

 

※更新情報と時事ニュースをお届けしますので、ぜひFacebookページへのいいね!& twitterのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ