バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

伸びない!切れない!沈まない!トップウォーター用ラインセッティングの裏技

トップウォーター用ラインと言えば、ナイロンが定番です。
しかしロングキャストすると、伸びてアクションが上手く伝わらない・・・。
そんな悩みを解決する、ラインセッティングの裏技をご紹介します。

スポンサーリンク

●トップウォーター&サブサーフェス用ラインセッティング

トップウォーター&フローティングジャークベイト用のラインセッティング、みなさんはどうされていますか?
おそらく一般的なのはナイロンだと思いますが、私もナイロン16~20lbを琵琶湖で使用してきました。

ナイロンは比重が軽いので沈みにくく、ルアーの動きを上手くつけやすいからです。
特にポッパーなどでは顕著で、フロロでロングポーズさせると、次のアクションが上手く出ません。

(尚、各ラインの比重については過去記事をご参照ください)

20150706_113716

関連記事:【ポッパーでの悔しいミスバイトを減らす – フッキング率抜群のPOP MAX

しかしナイロンには一つ致命的な弱点があります。それが・・・「伸びやすい」こと。
ロングキャストして遠くで操作しようとすると、上手くロッドアクションが伝わらなくてイライラします。
特に高水温期は伸びが大きくなるので、夏のトップウォーターゲームは悩ましいのです。

●「浮いて、伸びない」PEラインはアリ!

そこで今年試してみてなかなか良かったのが、「PEライン3号」
ナイロンより比重が軽くて浮く上に、伸びはほとんどありません。
飛距離も出るし、ナイロン20lbリーダーとの組み合わせはかなり快適でした。

main
関連記事:【myベストPEライン、「G-soul X8 アップグレード」に新ラインナップ登場

スポンサーリンク

「PEってバックラッシュしたり糸噛みしない?」と心配な方もいるかもしれません。
以前、PE1~2号でベイトPEを試した時は確かに糸噛み(&投げ切れ)に悩まされました。
しかし3号になるとほぼノートラブルで、意外にも快適そのものでした。

尚、ロッドは少し柔らかめ&低弾性のものが合うように思います。
(ちなみに自分はワイルドサイドWSC66MLを合わせています)
是非一度お試しあれ!

関連記事:【浜名湖で道場破り!ワイルドサイドWSC66ML実釣レビュー

●浅溝スプールとの組み合わせで、超ド級のパワーベイトフィネスに?

このPE3号を、13メタニウムの浅溝BFSスプールを使うと、さらに非常に快適です。
軽いPEラインを50~60m位巻く事で、1/4ozの軽量ルアーでも楽々飛ばせます。

DeeeP STREAMをフォローして下さる皆様なら、ピン!と来たかもしれません。
そう、「ベイトフィネス+」の考え方です!

関連記事:【浅溝スプールの活かし方 – 万能タックルとしての「ベイトフィネス+」

product1_1
(シマノHPより)

PE3号だと40~50lbくらいの強度がありますので、とんでもないパワーベイトフィネス?が出来てしまいます。
濃いウィードエリアやヘビーストラクチャーで泣かされていた方には、非常にお勧めです。

▼トップウォーター用として秀逸。しかし汎用性は?

そんなわけで、トップウォーター&サブサーフェス用のお勧めとして、PEによるセッティングをご紹介しました。
しかし、秋になってくると、同じタックルでクランクも巻きたい・・・なんてシーンも出てくるように思います。
すると、「浮く」「伸びない」というPEの特性が、今度はデメリットになってしまいます・・・。

そんな訳で、次回は巻き物も兼ねられる、PE以外の「もう一つのラインセッティング」をご紹介します。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2015年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ