バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

[D] デスアダーグラブツインテールは、実は「ギル型ルアー」だった?

人気沸騰中の「ギル型ルアー」。
しかしデスアダーグラブツインテールは、既にギルをイミテートしていた?
バスをバイトに至らせる、“トドメのアクション”をお話します。

スポンサーリンク

大人気のギル型ルアー

皆さんこんにちは、KenD(けんでぃ)です。
さて、最近はブルーギルをイミテートした「ギル型ルアー」が大人気ですね。

13557169_1064615596907403_1074942343_n

デプスのブルフラットやノリーズのフリップギル等、いくつか試してみて感じたのは「確かに釣れ方が違う」。
これについてはまたあらためて書いてみたいと思いますが、今回は、実はブルーギル型ルアーって以前からあったのでは?というお話です。

 

視覚的なナチュラルさ

さて、以前も記事にした大好きなワーム、「デスアダーグラブツインテール」
ブ厚いテールが発する「トルクのある水押しが、やる気のあるビッグバスにとても効果的ではという話を書きました。

IMG_20160622_141602

ところで私としては、これはブルーギルを強く意識したルアーなのではないかと考えています。
もちろん使い方にもよるでしょうが、よくやるのはジグのトレーラーにして、縦スト沿いにフォールさせる「リフト&フォール」
(↓こんな感じの釣りです。。。)

この時、デスアダーグラブツインテールの持つ「フラットな形状」が、ギルっぽさを演出しているのではないかと思っています。
ご存知の通り、ブルーギルは体高のある平べったい体型をしています。

macrochirus-387022_640

上から見ると、かなり大きく見えるデスアダーグラブツインテール。
しかし扁平な形状のために、横から見ると非常に薄くなっています。
この特徴的なフォルムによって、アクションの強さだけでは無く、視覚的なナチュラルさも併せ持つ事になっているのではと想像しています。

 

トドメは倒れ込みアクション

そして最後にもう1つ、このルアーの持つ大きな武器は「倒れ込みアクション」にあるように感じています。
「ベイトフィネスジグハイパー」というジグに合わせて使うのが好きなのですが、この組み合わせだとある面白い動きが出ます。
ジョイント式のジグのため、ボトム着底後にワームのみがゆっくりと倒れ込むアクションが出るのです。

20150419_120048

(イメージ的には、バウヘッドと同じような感じの動きです↓)

素材自体が高比重で重く、かつ大きくて厚いテールが付いているデスアダーグラブツインテール。
フラットな形状もあいまって、まるで大型のパドルテールワームのように、強く水を押しながら倒れ込んでいきます
そしてこれもある意味で、「トルク」のある大型のベイトを意識させる動きだと思います。

スポンサーリンク

IMG_20160310_134603

しかし、以前センコーやフラッピンホグの時にも書いたように、こうしたボトムで「寝る」動きは弱ったベイトを演出すると考えています。
ですからフォール時にトルクのある強いアクションでアピールしつつ、ボトムに追い詰められた最後の一瞬だけ、チラリと弱さを見せる
このアクションの強弱の緩急が、ビッグバスをバイトに至らせる最後のトドメになるのではないかと考えています。

d

フォールのみで使うなら、他のジグも良いと思います。
しかし最後の倒れ込みアクションは、ベイトフィネスジグハイパーにしか出せない動きだと思います。
ですから他に替えの効かないジグとして、個人的には非常に溺愛して使っています。
いま一つ人気の無いジグ?かもしれませんが、よろしければ是非試してみて頂きたい一品です。

 

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ