バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

アウトドア&フィッシング ナチュラム

[D] なぜレンジバイブは最強バイブレーションなのか

最強バイブレーションの名を欲しいままにする名作、”レンジバイブ70ES”
定番であり続ける理由は何なのか?
55サイズとは違う、オリジナルのアクションについて考えます。

スポンサーリンク

最強ソルトバイブ

皆さんこんにちは、KenDです。
さて今回は、最強ソルトバイブ と呼ばれて久しい名作、“レンジバイブ70ES”について書いてみたいと思います。

例えば浜名湖のシーバスフィッシングでは大定番と言って間違いないレンジバイブ。
私も、まずはここからソルトに入門したと言っても過言ではありません。

しかし最初は、実はT.D.バイブなどバス用のバイブレーションプラグを使っていました。
場所や釣り方が悪かった事もありますが、これがなかなか釣れず・・・。
そこで釣友に強く勧められたレンジバイブを使ってみたところ、初めてシーバスをHITさせる事に成功。

どれでもそれなりに釣れるだろう・・・と考えていた自分にとって、ルアーの力を感じる衝撃的な出来事でした。

 

超タイトアクション

しかし最初、レンジバイブの使用インプレッションは非常に良くないものでした。
率直言うと、第一投目の感想は「このプラグ、壊れているのでは・・・?」でした(笑)。

バイブレーションと言えば、まずはガシャガシャとやかましい音
そしてタイトだけど派手にアクションするものというイメージを持っていた私にとって、レンジバイブの動きはあまりに異次元過ぎました。

まずは完全サイレント仕様ですし、アクションがこれでもかというくらい細かく、タイトでした。
大げさに言えば、「これ以上アクションを弱くしたらI字系になってしまうのでは・・・!?」というほど。
「泳がないバイブレーション」という新しい存在に、心の底から驚いたものです。

 

55とは違う、オリジナルだけが持つ引力

しかし一般的な浜名湖アングラーの常として(?)、あまりにレンジバイブ70だけで釣っていると、だんだんと飽きてきます(笑)。
そこで他社製のバイブレーションや、あるいはもっとフィネスに、ダウンサイジングした55サイズを使うようになっていく事が少なくないと思います。

ご多聞に漏れず、私も一時期55ばかりで70を使わなくなった時期がありました。
ところがレンジバイブ55を使ってなかなか釣れなかったある日、ふと70にチェンジしたところ、驚くほどバイトが連発
「小さい55の方が喰わせ能力が高い」と思っていたため、これは非常にショッキングでした。

なぜだろう?と泳ぎを比較してみた時、気付いたのは「アクションの強さ」の違いでした。
レンジバイブ55は、70に比べてアクションの幅が大きく、アクションが強め
比べて泳がせてみる事で、オリジナルの70サイズの「泳がなさ」が際立つ結果となりました。

もちろん状況によって、55の方が良く釣れる、という事もあり得ると感じています。
しかし浜名湖の超クリアウォーターの中では、70サイズの極限まで弱い動きにアドバンテージがある事が多いのではないかと考えています。

そんなわけで好きな時期から嫌いな時期を経て(苦笑)、やはり今では欠かせないローテーションの一角を担う存在となっています。

 ※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 1月 21日

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ