バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

琵琶湖オープン最終戦でロクマル!ハイピッチャーMAXはなぜ釣れるのか?

琵琶湖オープン最終戦、奥村プロが3位表彰台!
何と60UPも飛び出したドラマの立役者は、OSP「ハイピッチャーMAX」。
スピナーベイトの新基準となる、ニューフェイスの秘密を考えます。

スポンサーリンク

 

●琵琶湖オープン最終戦、奥村プロがロクマルキャッチ!

昨日行われた、2015琵琶湖オープン最終戦。
おくむらさとしプロが、ハイピッチャーMAXで60UPを含む3本・6050gで3位表彰台を獲得されたようです。

o0480064113497657417
(「琵琶湖ガイド 奥村哲史/おくむらさとし Mobile#2nd」より)

ルアーは、今年話題をさらったOSPのNEWスピナーベイト、「ハイピッチャーマックス」。
これの1/2ozタンデムウィローで、ウィードトップ2mのフラットを早めに巻いたそうです。

 

●隅々までこだわり具合が凄い

競合製品がひしめくレギュラーサイズ・スピナーベイトの世界に、満を持して投入されたハイピッチャーMAX。
正直、なぜ今頃???という気もしないでもありません。
しかしそれだけに、これでもかと言うくらい細か~い工夫が凝らされまくっています。

下側だけが長く、トレーラーワームのようにしなやかになびくラバー。

img_products05_highpitchermax_l - コピー
(O.S.P HPより)

ラバーの短い部分と長い部分とで、振動のピッチが違うあたりが凄く効果ありそうに感じます。

そしてラバーを綺麗にフレアさせ、かつ空気抵抗を減らすために上向きのみに巻かれたアッパースカート。

img_products05_highpitchermax_l

ラバーの内側部分が根元からカットされ、外側(上側)の部分のみが残されています。
(上の図だと、右の方のラバーが切られています)
※並木プロの詳細解説ムービーが分かりやすいです。↓

 

 

●最大の特徴は、レスポンスと控えめなアクション?

詳細については、上の並木プロの動画に勝るものは無いかと思います。
というわけで、私なりに感じたこのルアーの核心をお伝えしますと・・・

「このスピナーベイトの最大の特徴は、高いレスポンスと控えめなアクション」ではないかと考えています。

img_products02_highpitchermax_l

スポンサーリンク

ハイピッチャーもそうですが、O.S.Pブレードのレスポンスは素晴らしいと思います。
数あるスピナーベイトの中でも、回転の立ち上がり速度はトップクラス。
スローに巻いても非常に良く回りますし、ウィードやストラクチャーにコンタクトした後の泳ぎ出しが抜群だと感じます。

また、ブレードの振動はやや控えめ
個人的な感想としては、ダブルウィローだとあまり手元にバイブレーションを強く感じない気がします。
(それもあって奥村プロはタンデムウィローを使用していた?)

ブレードの回転半径も小さ目のようで、強く水を噛んでブルンブルン回るというより、ある程度水を逃がしながらヌルヌル、スルスルと泳いでくる・・・ような印象を受けました。

スピナーベイトと言うと、「強烈なバイブレーションとフラッシングで、濁流の最強ルアー!」というイメージがあります。(私は)
しかしデプスのBカスタムなどもそうだと思うのですが、日本で銘品と言われるスピナーベイトは概してアクションが控えめに感じます。
琵琶湖もそうですが、クリア~ステインくらいが多い日本の水質に、マッチした波動の強さなのかもしれません。

 

▼とにかく釣れるのは間違いなし!ハイクオリティなNEWスタンダード

というわけで、ハイレスポンスと控えめなアクションが効くのでは?というのが私の想像です。
それが的を射ているのかはともかく、ともかく釣れるスピナーベイトなのは間違いないと思います。
2015年は、ハイピッチャーMAXでたくさんのナイスフィッシュを釣らせてもらいました。

20150723_174111

関連記事:【ハイピッチャーMAX炸裂!?大増水・激濁り・全開放流の琵琶湖

琵琶湖で使うには、ややワイヤーの線形が細目に感じますが・・・アクションの質などを考慮すれば仕方ないのかもしれません。
ただ、耐久性は高いとは言えないと思いますが、凄く壊れやすいわけでもありません。
(もっとアームの折れやすいスピナーベイトは他にたくさんあると思います)

価格も良心的な設定なので、気兼ね無く使える総合力の高いスピナーベイトだと思います。

20150523_114239-e1437834644786-576x1024

自分の中ではすでに、先発決定!の1軍スピナーベイト
スピナベ好きの方はもちろん、あまり使った事が無い・・・という方にも非常にお勧めです。

「とりあえず、これを投げれば間違いない」という、これからのスタンダード・スピナーベイトと言って良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

※更新情報と時事ニュースをお届けしますので、ぜひFacebookページへのいいね!& twitterのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 5月 07日

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2015年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ