バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

アウトドア&フィッシング ナチュラム

[D] 日本記録更新!?燃える真夏の”マグナムシェイキー”

真夏の琵琶湖で、ついに日本記録更新!?
何とロクマル3本50UP20本以上でレコードウェイト樹立???
怖い程の破壊力を見せつけた、“マグナムシェイキー”の強さを考えます。

スポンサーリンク

日本記録更新!?

皆さんこんにちは、KenD(けんでぃ)です。
先日行われた「琵琶湖プロトーナメント B.A.I.T. 2DAYシリーズ」第三戦にて、琵琶湖プロガイドの冨本タケル選手がブッチ切りの優勝を果たされたようです!
その2日間のトータルウェイトたるや・・・何と驚愕の28,935g(5尾×2日)!!

にまん・・・はっせん、きゅうひゃくさんじゅうごぐらむ???

もはや天文学的数字過ぎて実感が沸かないくらいですが・・・何とまあ、30kgに迫るという破壊的トータルスコア。
ちなみに50㎝でも2kg無かったり、ロクマルでも痩せていると3kgカツカツだったりする事も多々あります。
ということは1匹平均2,893gというウェイトが、いかに神懸かっているかが分かって頂けるかと思います。
(何でも4㎏オーバーまで飛び出したとか・・・)

13900298_1259938210717801_2728432596555106787_n冨本プロのブログより)

ネット上では、「琵琶湖の2DAYトーナメントのレコードウェイトでは?」・・・という話題で持ち切り。
皆さん色々と過去のデータを遡ってチェックされているようですが、これを超える数字は今のところ見つかっていないようです。
と言う事はひょっとして・・・これ、2DAYトーナメントの日本新記録なのではないでしょうか!?

ご存知の通り、世界記録を生んだ日本NO.1ビッグバスレイク、琵琶湖。
そのレコードウェイトが更新されたとしたら、それは即ち日本記録の更新を意味するのでは・・・と考えるのは早計でしょうか!?
過去、これを上回る記録をご存知の方がいらっしゃれば、ぜひともご一報頂ければと思います。

 

ウィニングルアー、”マグナムシェイキー”

そして気になるウィニングルアーは、マグナムシェイキー7インチ(ティムコ)”

f0235233_23165507(冨本プロのブログより)

これを1/2ozのパンチショット(ジカリグ)で、カナダ藻に撃ち込んでいったそうです。
そして何とこのワンルアーのみで、2日間で60up3発50upは20本以上・・・???

もはや理解を超え過ぎていて、天変地異の前触れか?明日地球は終わるのか?とビビるくらいの異次元ぶり。
その想像を絶する威力に、冨本プロも「マグナムシェイキーはパンチショット用ワームとして最強」と断言されています。

f0235233_23165408(ちなみに数年前、冨本プロにガイドして頂きました。衝撃の体験でしたよ!)

 

マグナムシェイキーはなぜ最強なのか?

さてこのマグナムシェイキー、なぜそんなにも釣れるのでしょうか?
実は私もさんざんお世話になっているのですが、1つのキーはフォーリング時の「バイブレーション」にあるような気がしています。
(とはいえワームの釣り自体下手なので、大した釣果は出せていませんが・・・)

ところで琵琶湖南湖において、高さのあるカナダ藻は夏の釣りの定番です。
そのカナダ藻の「中」を攻める時、多くの利点を持つのが大きめの「ストレートワーム」
スリ抜けが良く貫通力が高い上、ルアーを見つけにくいウィード内部でも視覚的な存在感を発揮しやすいと思うからです。

kinkoo7

しかしそんなストレートワームにも弱点はあると考えています。
それは・・・「フォール中のアピール不足」
特に重めのパンチショットなど、スピードの速いリグではストンと落ち過ぎて気付かれ辛い気がするのです。

一般にカナダモの釣りは、ある程度広い範囲を探る事もあって「バスの目の前に落とす」事が難しいように感じます。
(アシ際のここのエグレにピッチングして・・・といった釣り程の精度は出しにくい)
ですからアピール力を持ったワームで、やや広範囲からバスを呼ぶ必要があると考えています。

d

しかし大きなカーリーテイルを持ったグラブやホグ系ワームでは、ウィードに入り辛い上に埋もれて発見され辛い
一方、ストレートワームではフォール中のアピールが弱い・・・という矛盾にアングラーは悩む事になります。
ところがマグナムシェイキーは、それを見事に両立する画期的なアクションを備えています。
それが・・・「ストレートワームなのに、フォール中にバイブレーションする」という特徴です。

何故そうしたアクションが出るかのメカニズムは分かりませんが、重めのシンカーで落として頂ければ一目瞭然。
やや膨らんだ?形状のテールが、まるでカーリーテイル系のようにブルブルとした振動を発しながらフォールしていきます。
その後の着底でボヨーン、と折れ曲がって戻るアクション、そしてボディが倒れ込む動きなど、バルキー系ストレートの長所もしっかりと併せ持っています。

IMG_20160812_073135

ついでに素材も適度に強くて針持ちも良い・・・という、まさにヘビーウィード攻略のために生まれたと言っても過言では無い総合力の高さ。
あまり人気が無い?のか最近は見なくなってきましたが、間違いなくバルキー系ストレートワームの名作だと個人的には思っています。
(ティムコさんはかなり名作が多いと思うのですが、どうしていまいち人気がないのでしょうか・・・)

20150405_152156

唯一の欠点と言うか恐れている点は、「もしかしたら廃版になるんじゃないか」という不安が付きまとう事です。
見つけ次第買うようにしているのですが、まだまだ一生分には程遠い・・・。
(あとフラッピンホグも探しているのですが、これもなかなか無い!)

IMG_20160414_152748

実は本音を言うと、この記事を書く時に「他の人に買われちゃったら(店頭から無くなって)困るかも?」という気持ちが少しありました(苦笑)。
しかし逆に多くの方に使って頂く事で、廃版にせず生産を続けてもらえたら・・・という儚い願いを込めてUPする事にした次第です。
というわけで皆様、ぜひ使いまくって「ティムコさん、作るのやめないでね♪」のメッセージを送って頂ければ幸いですw

 

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

    • かすぱー
    • 2016年 8月 12日

    パンチには必需品なのでホント、困りますよね。先月、湖畔にある「7」の付く店でパッケージの色が違うものを見かけたので暫くの間は。・・・。代替がみつかるまでは継続してもらえるといいですよね。代替候補1番手だったマグナムトリック(元ネタ?いやいや、リスペクト)が廃盤という話をそこで聞いてきたので次に行ったら必要な色だけ入手しようかと思いますよ。

    • コメントありがとうございます!
      そうですね、リスペクト!良い言葉です(^^♪

      それにしても「7」さんにあったのですね~、私は完全見逃していました(汗)。
      マグナムトリックも(あるいはそれ以上に)入手困難なので、本当にどうしたものかと困りものです。
      大きめのフリックシェイクが良いとも聞くのですが、未だ未検証です・・・。

    • かすぱー
    • 2016年 8月 12日

    あそこの陳列、表面だけでなくてえぐって奥まで気を付けてみないと見落としやすいですよね。フリック6.8も使っていてこちらも十分以上のものがありますが、これも例にもれず入手困難ですよね。あ、フリックは色によって素材の硬さが違う場合があるので硬すぎるのはパスします(ラミネート系が硬いです。それに私が知らない間にカラーが一新されましたね。どうなんだろう・・・。)。マグトリはナイルがまだ在庫持っているみだいですね。「7」の付くお店はアメリカの市場在庫を探すとおっしゃってましたよ。でも実は今ならアマゾンでも買えたりします。

    • そうなんですねぇ・・・今度からは気を付けて見ます(;^ω^)
      で、フリック6.8も入手困難なのですか!ジャッカルさんだから普通に手に入るかと思ってました。甘かった・・・。
      貴重な情報頂けましたので、amazonで早速ポチってみました(笑)。
      たぶん、もうプレミア価格のやつしか残って無さそうです(爆)。

    • カッキー
    • 2016年 10月 11日

    そういえば最近三重にあるクルーズというお店に久々に行ったらマグナムシェイキー沢山置いてありましたよ。
    ほぼ定価ですが
    見た限りでは二桁オーバー在庫とカラーも5色以上あった通り思います。
    通販もやってるお店なんで調べる価値あるかもしれません。

    • 情報ありがとうございます、調べてみます(^^)

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ