バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

アウトドア&フィッシング ナチュラム

[D] 増え続けるワームをストックする、”コンテナ”という最終兵器

どこまでも増え続け、きりが無いルアー達。
大量のワームを整理するなら、もはや釣り専用ケースは不十分!?
汎用品のコンテナを流用した、ストック法をシェアします。

スポンサーリンク

大量のワームのストック方法

皆さんこんにちは、KenD(けんでぃ)です。
さて、無尽蔵に増え続けるルアー達・・・みなさんはどのように収納されていますか?
今回は、ワームをストックしておくのに重宝しているケースをご紹介します。

IMG_20160804_072205

 

パックごと入れて、増やせる&積める

以前、私はワームをパックから出してプラケースに収納していました。
しかしどうにも増えて止まらなくなってきた昨今、もはやこの方法は諦めました。
そして、パックに入れたままコンテナに収納する事にしたのです。

stockcaseconntena2 (1)

コンテナを使う理由は、ワームの量にしたがってどんどん増やせること、そして積んでおける事です。
そしてそのためにチョイスしたのが・・・「和泉化成 セーフティBOX3型」

stockcase

 

215×315×130の内寸で、少し大きめのワームパッケージでも問題なくピタリと収まります。
(外寸は260×385×150)

stockcaseconntena2 (2)

しかも、作りがしっかりとして剛性が高いので、10個ぐらい積み重ねても全然平気。

stockcaseconntena3

生産も安定しているのか?何年も作り続けているようなので、廃版の心配も薄そう。
値段も激安ではありませんが、釣り専用ケースに比べると割安感があるような気がします。
ワームが増えすぎて収集が付かなくなっている方には、非常にお勧めです。。。

※なぜ引き出しではいけないのか?について、続編をUPしました!

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ