バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[S] 魚探の端子の防錆対策

錆びが出ると非常~に困る魚探の端子ですが、「フィッシング宇佐」さんのブログに防錆対策の工夫がシェアされていました!

スポンサーリンク

GPS魚探の防水対策!

それによると、何と海上係留の船で何とキャップも使用せず錆びていないとの事・・・。
一体そのコツは何なのか?と見ていくと、どうもポイントは濡らさない事のようです。

(このように濡れない場所に吊るしておくだけだとか・・・)

スポンサーリンク

当たり前のことのようですが、塩を落とそうとして端子を水洗いして、内部に水分が残る方が良くないとの事。
確かにメス側のコネクタは内部に水が入ったら、簡単には乾かなそうですね・・・。
(なのでエアスプレーで水分を飛ばすと良いそうです)

とりあえずキャップは買いましたが、とにかく「濡らさない」防錆法、心掛けてみたいと思います。
(なお、今回の写真は「フィッシング宇佐」さんのブログよりお借りしております)

スポンサーリンク

関連記事

  1. どちらのブログもチェックさせてもらってるnaga-totoです。水分は残さないのは正解と思います。

    私が情報提供した内容はコネクタが腐食することを知らない状況で同じ扱いをした結果、Garminのコネクタは1月経たずに青さびが付いて振動子を認識しなくなりました。

    接点回復スプレーもプラッチックのコネクターには良くないと書かれてました。私は今と同様の扱いをして使っていきたいと思います。とりあえず、2年は保証ありますから。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ