バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[速報] “超新星”トップスタート!2017エリート第3戦トレドベンドDay1

BASSMATERエリート第3戦トレドベンド・ラウンド、 “超新星”ジェイコブ・ウィーラーがトップ発進を決めました!
ジェイコブと言えば、初戦となる今年の開幕戦で、見事なデビュー優勝を決めたスーパールーキー。
「KVD以来の大天才」の下馬評通り、いきなりの快進撃を続けています!
(写真はbassmaster.comよりお借りしております)

スポンサーリンク

そして僅差の2位につけるのは、“世界一のチャター使い”として有名なブレット・ハイト。
ついに発売となったジャックハンマーは、私も早速購入しました。

 

そして我らが大森プロは、16位からの好発進!
今季は開幕から厳しい試合が続いていましたが、ここから調子を上げていって欲しいものです。

というわけで、Day2以降のマクリに期待して応援していきたいと思います!

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

    • ベノワ
    • 2017年 4月 07日

    最近、ケンDさんの記事を読みその影響でバサーなんかもAmazonの読み放題で読めるやつを読み漁ってる者です。私はシーバスからルアーフィッシングを始めたのでJBなどのトーナメントは眼中になくバスプロのトーナメントも「小さいワームで釣り勝つ」「数を釣る人が勝つ」みたいなイメージがありました。でも、DEEPストリームの記事やバサーを読んでいくうちに「トーナメントだからといってワームだけではない」「本当に最後の切り札はライトリグでメインはハードプラグや巻物」ということを知りました。そういう意味で北大祐プロや伊与部プロなどのスタイルは格好いいなと思います。
    バストーナメントの面白さをこれからも伝え続けてください!

    • ありがとうございます!
      「小さいワームで釣り勝つ」「数を釣る人が勝つ」みたいなイメージ・・・やっぱりあるのですね、参考になります(;^ω^)
      実際、現代の国内トーナメントではそういった面が強過ぎるのではないかと私も考えており、それがトーナメント人気の低下に拍車を掛けているのではないかと思います。
      大会の運営方法をもっと工夫する事で、見ごたえのあるトーナメントになって頂きたいなと願っています。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ