バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] ロランス魚探のウェイポイントをガーミンに移行させる方法

釣り人の資産とも言える、録りためたポイントデータ。
魚探メーカーを乗り換える場合、データ移行は出来るのか?
意外と簡単なその方法と、さらなる活用法をシェアします。。。

スポンサーリンク

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

ウェイポイントの移行

みなさんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて今回は、久々の魚探ネタ・・・。
読者の方から質問を頂くことの多い、LOWRANCEからGARMINへのウェイポイントの移行法をシェアしてみたいと思います。

 

GPXファイル形式にしてエクスポート

さてまずは、データ元のLOWRANCE魚探からウェイポイントのデータを取り出します。
機種によって若干違うかもしれませんが、私のロランスHDS5-GEN2での操作は下記の通りでした。

PAGE → ファイル → ウェイポイント → 航跡 → ルートのデータベース → 出力 → ファイルフォーマット → GPX → エクスポート → SDカードを選ぶ → OK

すると、こんな感じ↓のgpxファイル(下の方)が作成されます。
ちなみにウェイポイントだけでなく、ルートや航跡のデータもエクスポートされているようです。

 

GARMIN機へのインポート

次にこのデータを、SDカード経由でガーミン魚探にインポートします。
手持ちのGPSMAP7407xsvでの操作法は次のようなものでした。

Home → 地図 → 地図画面でメニューキーを押してください → その他の機能 → データーの管理 → データ転送 → カードからの結合

たったこれだけの操作で、あっけなくデータ移行は終了!
とても簡単なので、ウェイポイントの移行でGARMINへの乗り換えをためらうのは勿体ないと思うくらいです。

ただし注意点としては、「シンボルマークが移行できない」点に注意が必要です。
ウィードやドロップオフといった、ポイントのマークの互換性が無いために、マークが全部になってしまいます。
厳密に言うと移行できる物もある(岩とか)のですが、ポイントのマークは入力し直しになると思った方が良いでしょう。

ただしガーミンには“HOMEPORT”と呼ばれる無料のPC用ソフトがあるので、これを利用すれば作業効率がかなり上がります。
魚探本体で操作するより、やはりパソコンで編集できる効率は段違い・・・せっかくなので是非活かしたいところです。

スポンサーリンク

(※ちなみにこのホームポート、クイックドローのデータが見られないと思うのですが何か情報をお持ちの方いらっしゃいませんか???)

 

さらに使える活かし方

そしてさらに言うと、この方法はロランス魚探からのポイント移行以外にも活かせる可能性があります。
なぜならgpxと言う形式は、色々なソフトで使われている汎用のデータ形式だからです。
ですからgoogle earthの航空写真で沈み物や地形変化を探して、GPS座標を魚探に入れておく・・・なんて使い方も出来るはずだと思うのです。

(こちらは、たぶん浜名湖で一番有名な水中岬。ばっちり航空写真に写ってますね・・。)

というわけで可能性の広がるgpxデータを利用したポイント共有法、ぜひ試してみて頂きたいと思います。

 

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. ブログチェックしているnaga-totoです。
    移行方法以外のコメントです。GPX形式を使って良い点が他に1つあります。ウェイポイントの名称を日本語で使えます。但しホームポートを使って変更を行う必要があります。使える文字数も全角で3バイトまでです。後、ご存知だと思いますが、ホームポートだと日本海岸線の1m等身線図見れるので、沈み根ポイント探しはそちらの方が楽のような~。QuickDrawのデータはホームポートでは見られないと思います。今後のアップデートで対応を期待したいです。

    • いつも情報ありがとうございます!
      ですよね~、やっぱりクイックドローのデータは見られないですよね・・・。
      それから日本語表記と海岸線の等深線図の件、ありがとうございました!
      特に等深線図は気付いておりませんでした・・・(;^ω^)
      もしよろしければ、またこの情報も記事でシェアさせて頂ければ幸いです< (_ _)>

      • KenDさん
        1m等身線の件、記事投稿したいと思います。多分、正規代理店で購入した方には方法を含めてメールか紙でもらっているんだと思います。
        日本語表記は某掲示板で投稿されてまして、適当にやってみたらできました。この辺りは登山等でハンディーGPS使われている方は知ってることだと思います。GPX形式の仕様なんだと思います。

        • KenDさん

          出張の移動で時間あったので、1m等深線の件、早々に記事にしてみました。

          http://fising.blog.so-net.ne.jp/2017-08-22

        • 貴重な情報ありがとうございます!
          ぜひシェアさせて頂きたいと思います。
          ただ、私は正規代理店で購入しましたが、教えてもらっていないような気がします・・・・(笑)。
          (というか、NEWPECの地図もあったかな???)

        • やはり自分のSDカードには入っていなかったようなのですが、海底地形図データと言うのはこれ↓のことでしょうか???
          http://www.garmin.co.jp/products/cartography/newpec-and-sea-topo/

          • KenDさん
            これのサンプル版です。同じところで購入されてると思いますので、一番最初のメールに1mの等身線の件も載ってます。続きは、instagramのメッセージで連絡しますね。

          • ありがとうございます、確認してみます!

  2. ウェイポイントの日本語表示は下記みたいになります。
    http://fising.blog.so-net.ne.jp/2017-03-19

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ